マンションでのペット火葬:自宅での最後のお別れをサポートする方法と注意点

2023/11/21 コラム

ペットは家族の一員として多くの家庭で愛されています。そのため、ペットが亡くなった際には、家族同様の心配りをもってお別れをしたいと考える飼い主が少なくありません。特にマンションなどの集合住宅にお住まいの場合、ペットの火葬に関してはさまざまな制約や注意点があります。このような状況下で、ペットとの最後の時間をどのように過ごし、どのように火葬を行うべきかは、多くの飼い主にとって重要な問題です。

ペットの火葬には、個別火葬や集団火葬など、いくつかの方法がありますが、マンションでの火葬は特に慎重な対応が求められます。近隣住民への配慮、マンションの規約、法的な制約など、考慮すべき点は多岐にわたります。また、ペットとの別れをどのように形にするか、その後のメモリアルや供養の方法についても、飼い主それぞれの思いや状況に応じた選択が必要です。

この記事では、マンションでのペット火葬における基本的な流れ、注意点、そしてペットとの心温まるお別れの方法について、専門的な視点から解説していきます。ペットとの最後の時間を大切にし、心に残るお別れができるよう、適切な情報を提供することで、飼い主の皆様の不安や疑問にお答えします。

ペット火葬・ペット葬儀ならアーバンペット葬儀社

アーバンペット葬儀社は、ペットの火葬・葬儀サービスを24時間ご提供しています。小動物から大型犬まで、すべてのペットのご遺体をご自宅までお迎えに上がり、丁寧な対応で初めての方にもご安心してご利用いただけます。個別火葬返骨プラン、個別火葬ご家族拾骨プラン、個別火葬永代供養プラン、合同火葬永代供養プラン、海洋散骨プランなど、多様な葬儀プランをご用意しており、ペットとの最後のお別れを大切にサポートいたします。また、形見カプセルのご提供や、散骨サービスも行っており、愛するペットの思い出を形に残すお手伝いをしています。

アーバンペット葬儀社

会社名:アーバンペット葬儀社
所在地:東京都江戸川区中央3-23-10
電話:0120-420-160お問い合わせはこちら

はじめに

マンションでのペット火葬の需要とその背景

マンションでのペット火葬に関する需要は、現代社会におけるペットと人間との関係性の変化に根ざしています。ペットは単なる動物ではなく、家族の一員としての位置を確固たるものにしています。この深い絆は、ペットの最期をどのように迎えるかという問題にも影響を及ぼしています。

都市部では特に、マンションやアパートなどの集合住宅に住む人々が多く、ペットを飼う家庭も少なくありません。しかし、これらの住環境では、ペットの死後の対応に多くの制限があります。例えば、広い庭がないため自宅での埋葬が不可能であったり、マンションの規約や近隣住民との関係から、火葬のための特別な配慮が必要になることがあります。

このような背景から、マンションでのペット火葬に対する需要は高まっています。ペットの死後、適切に対応するためには、移動火葬車のようなサービスが求められることが多いです。これらのサービスは、ペットの遺体を自宅から火葬場まで運ぶだけでなく、場合によってはその場で火葬を行うことも可能です。これにより、ペットとの最後の時間を自宅で静かに過ごすことができ、ペットとの別れをより個人的で意味のあるものにすることができます。

また、ペットの火葬に関する情報の普及も、この需要の増加に一役買っています。インターネットやSNSを通じて、ペットの火葬に関する様々な情報が共有され、飼い主は以前よりも多くの選択肢を知ることができるようになりました。これにより、ペットの死後の適切な対応方法について、より多くの人々が意識を向けるようになっています。

さらに、ペットとの別れをどのように形にするかという問題は、単に実用的な側面だけでなく、感情的な側面も大きく関わっています。ペットを失った悲しみは深く、その悲しみを適切に処理するためには、ペットとの最後の時間を尊重し、心に残る別れを提供することが重要です。これは、ペット火葬サービスに対する需要が増加している理由の一つです。

 

この記事で解説する内容の概要

ペットとの別れは、多くの飼い主にとって心に深い影を落とす出来事です。マンションなどの集合住宅にお住まいの場合、ペットの火葬に関してはさまざまな制約や注意点があり、適切な対応を取ることが求められます。この記事では、マンションでのペット火葬に関する包括的な情報を提供し、飼い主が直面する疑問や不安に対応します。

まず、ペット火葬の基本知識について解説します。これには、ペット火葬の種類、法的な位置づけ、マンションでの火葬の可否などが含まれます。ペット火葬の種類には個別火葬や集団火葬があり、それぞれの特徴と選択における考慮点を明らかにします。また、マンションでのペット火葬が可能かどうかについての法的な側面や、管理組合の規約についても触れます。

次に、マンションでのペット火葬の流れに焦点を当てます。依頼から火葬までのステップ、移動火葬車の利用方法、火葬場への移動が必要な場合の対応など、具体的なプロセスを詳細に説明します。これにより、飼い主はペットの火葬をスムーズに進めるための準備と手順を理解することができます。

また、マンションでのペット火葬における注意点についても詳しく解説します。これには、近隣住民への配慮、火葬許可の取得、火葬後の遺骨の取り扱いなどが含まれます。これらの情報は、飼い主がマンションでのペット火葬を行う際に遭遇する可能性のある問題を事前に理解し、適切に対処するために不可欠です。

さらに、ペット火葬のメモリアル・セレモニーに関する情報も提供します。自宅での追悼方法、メモリアルグッズの選び方、オンラインでの追悼方法など、ペットとの別れを形にするための様々な選択肢を紹介します。これにより、飼い主はペットとの最後の時間をより個人的で意味のあるものにすることができます。

マンションでのペット火葬に関するよくある質問とその回答を提供します。これには、予約方法、費用、所要時間など、飼い主がよく抱える疑問に対する具体的な情報が含まれます。

この記事を通じて、マンションでのペット火葬に関する包括的な情報を提供し、飼い主がペットとの最後の時間を大切にし、心に残るお別れができるようサポートします。

 

ペット火葬の基本知識

ペット火葬とは何か

ペット火葬とは、亡くなったペットの遺体を尊重し、適切に処理するための方法の一つです。人間と同様に、ペットも生涯を終えた後、適切な方法でその遺体を扱う必要があります。ペット火葬は、ペットとの別れを形式的にも感情的にも処理する手段として、多くの飼い主に選ばれています。

この火葬プロセスでは、ペットの遺体を高温で焼却し、骨にすることで、衛生的かつ環境に優しい方法で遺体を処理します。火葬された後の遺骨は、通常、飼い主に返還され、その後の取り扱いは飼い主の意向によって異なります。遺骨を納骨堂に納めたり、自宅に安置したりすることも可能になってきます。

ペット火葬には、主に二つのタイプがあります。一つは個別火葬で、これはペット一匹のみを火葬する方法です。個別火葬では、ペットの遺骨を全て飼い主に返還することができます。もう一つは集団火葬で、これは複数のペットを一緒に火葬する方法です。集団火葬の場合、個々のペットの遺骨を分けることは通常行われず、遺骨は一般的に火葬業者によって適切に処理されます。

ペット火葬のプロセスは、ペットの種類やサイズ、飼い主の希望によって異なる場合があり、火葬を行う場所も専門のペット火葬施設、移動火葬車等があります。自宅での火葬は、特にマンションなどの集合住宅に住む飼い主にとって、ペットとの最後の時間を静かに過ごすための選択肢となり得ます。

ペット火葬は、ペットとの別れを尊重し、感謝の気持ちを込めて行う重要な儀式です。ペットとの絆を大切にし、その生涯を敬うための方法として、多くの飼い主に選ばれています。また、衛生的かつ環境に配慮した方法でペットの遺体を処理することで、社会的な責任も果たしています。

 

火葬の種類:個別火葬と集団火葬

ペット火葬には主に個別火葬と集団火葬があります。これらの火葬方法は、ペットとの別れの仕方、遺骨の取り扱い、費用など、いくつかの重要な違いがあります。

個別火葬は、一匹のペットのみを火葬する方法です。最大の特徴は、ペットの遺骨を全て飼い主に返還することができる点にあります。個別火葬は、ペットとの個人的な別れを重視する飼い主に選ばれることが多いです。火葬の際には、飼い主が立ち会うことも可能で、ペットとの最後の時間を静かに過ごすことができます。また、火葬後には遺骨を納骨堂に納めたり、自宅に安置したりすることができ、ペットとの思い出を形として残すことができます。個別火葬の費用は、集団火葬に比べて高くなる傾向がありますが、ペットへの最後の敬意を表す方法として選ばれます。

一方、集団火葬は、複数のペットを一緒に火葬する方法です。この方法では、個々のペットの遺骨を分けることは通常行われず、遺骨は火葬業者によって適切に処理されます。集団火葬は、個別火葬に比べて費用が低いため、経済的な理由から選ばれることがあります。また、ペットの遺骨を自宅に保管することに抵抗がある飼い主や、遺骨の取り扱いについて特に希望がない場合にも選ばれます。集団火葬では、飼い主が火葬に立ち会うことは一般的ではありませんが、ペットの遺体を尊重し、衛生的に処理するという点では個別火葬と同様の意義を持ちます。

ペット火葬の選択は、ペットとの関係、飼い主の感情、経済的な状況など、様々な要因によって異なります。個別火葬はより個人的な別れを望む飼い主に、集団火葬は経済的な理由や遺骨の取り扱いについて特に希望がない飼い主に適しています。どちらの方法も、ペットとの絆を尊重し、その生涯を敬うための有効な選択肢です。

 

ペット火葬の法的な位置づけとマンションでの火葬の可否

ペット火葬の法的な位置づけとマンションでの火葬の可否については、いくつかの重要な点を理解する必要があります。

まず、ペット火葬の法的な位置づけに関しては、日本ではペットは「物」として扱われますが、その遺体の処理に関しては、公衆衛生や環境保護の観点から法的な規制が存在します。具体的には、動物の死体を適切に処理することは、動物愛護管理法や廃棄物の処理及び清掃に関する法律などによって規定されています。これらの法律は、動物の遺体を適切に処理することを義務付けており、不適切な処理は法律違反となる可能性があります。

次に、マンションでのペット火葬の可否に関しては、一般的にはマンションやアパートなどの集合住宅内でペットの火葬を行うことは許されていません。これは、火葬に伴う煙や臭いが他の住民に迷惑を及ぼす可能性があるためです。また、火葬には高温を必要とするため、火災のリスクも考慮する必要があります。

そのため、マンションでペットが亡くなった場合、火葬は専門のペット火葬業者に依頼するのが一般的です。これらの業者は、適切な設備と許可を持っており、法律に則った方法でペットの火葬を行います。また、移動火葬車を利用することも一つの選択肢です。これは、専用の車両で飼い主の自宅近くまで来て火葬を行うサービスで、マンションの敷地内ではなく、法律や規則に違反しない場所で行われます。

マンションの管理組合や規約によっては、ペットの飼育やその後の処理に関して特別な規定が設けられていることもあります。そのため、ペット火葬に関しては、事前に管理組合に確認することが重要です。また、近隣住民への配慮として、ペットの死亡を周囲に伝え、火葬の方法や日時についても通知することが望ましいでしょう。

 

マンションでのペット火葬の流れ

依頼から火葬までのステップ

ペット火葬のプロセスは、ペットの飼い主にとって感情的なものであり、その手続きは慎重かつ尊重を持って行われるべきです。まず、ペットが亡くなった際には、心を落ち着けて火葬サービスを提供する業者に連絡を取ります。この時点で、火葬の種類(個別火葬か集団火葬か)、火葬の日時、場所、料金などの詳細を確認し、必要な手続きを進めます。

火葬サービスの提供者は、ペットの運搬方法についても案内します。多くの場合、専門の輸送サービスが提供され、ペットを火葬場まで安全に運ぶことができます。これにより、ペットを尊重し、飼い主の心の負担を軽減することが可能です。

火葬場に到着した後、飼い主は火葬のプロセスについて詳細な説明を受け、必要に応じてペットとの最後のお別れを行います。この時、飼い主の感情を尊重し、静かで落ち着いた環境が提供されることが多いです。

火葬が行われる間、飼い主は待合室で待機するか、場合によっては火葬の様子を見守ることもできます。火葬が完了した後、遺骨は骨壺に納められ、飼い主に手渡されます。この際、火葬サービス提供者は飼い主の感情を配慮し、適切なサポートを提供します。

火葬後、飼い主はペットの遺骨を自宅に持ち帰るか、納骨堂に納めるなど、遺骨の扱いについて決定します。この選択は、ペットとの思い出や飼い主の感情に基づいて行われます。

全体的に、ペット火葬のプロセスは、ペットとの最後の時間を大切にし、適切なお別れを提供するためのものです。飼い主はこのプロセスを通じて、ペットへの感謝と愛を表現し、心の平穏を得ることができます。

 

移動火葬車の利用とそのメリット

ペット火葬における移動火葬車の利用は、都市部やマンションなどでペットを飼っている家庭にとって、多くの利点を提供します。このサービスの最大の特徴は、自宅近くでペットの火葬が行えることです。これにより、ペットを遠くの火葬場まで運ぶ必要がなくなり、ペットとの最後の時間を自宅の近くで過ごすことが可能になります。

また、プライバシーの保護も大きなメリットです。他の人の目を気にせず、プライベートな空間でペットとの別れを行うことができます。これは、ペットとの最後の時間を静かに過ごしたい飼い主にとっては非常に重要な点です。

立ち会い火葬が可能であることも、移動火葬車の利用の大きな利点です。飼い主が直接火葬のプロセスに立ち会うことができるため、ペットへの最後の敬意を表すことができ、心の整理をつける手助けにもなります。

時間と労力の節約も見逃せない利点です。遠くの火葬場に行くための時間や労力を節約できるため、特に大きなペットや重い遺体を運ぶのが困難な場合には、このメリットは大きいです。

緊急時の迅速な対応も移動火葬車の特徴の一つです。突然のペットの死に直面した際にも、適切な処理を迅速に行うことができます。

感染症対策としての利点もあります。最近では、他のペットや人との接触を避けることが重要視されており、移動火葬車を利用することで、他のペットや人との接触を最小限に抑えることができます。

環境への配慮も重要な要素です。移動火葬車は、環境に配慮した設計がなされていることが多く、排出ガスの削減や騒音の低減など、環境への影響を考慮して運用されています。

これらの利点を踏まえると、移動火葬車の利用は、ペットとの別れをより個人的で、心に残るものにするための選択肢として、多くの飼い主にとって価値あるサービスであると言えます。ペットとの最後の時間を大切にし、適切に送り出すための一つの方法として考慮する価値があります。

 

火葬場への移動が必要な場合の対応

ペット火葬を行う際、火葬場への移動が必要な場合、飼い主はいくつかの重要なステップを踏む必要があります。まず、ペットが亡くなった際には、落ち着いて火葬サービスの提供者に連絡を取ることが大切です。この時、火葬の種類(個別火葬か集団火葬か)や、火葬場への移動方法などについて相談し、必要な手続きや料金についても確認します。

火葬場への移動には、専用の輸送サービスを利用することが一般的です。多くの火葬サービス提供者は、ペットを安全かつ尊重を持って火葬場まで運ぶための専門的な輸送手段を提供しています。このサービスを利用することで、飼い主はペットを適切に扱ってもらえるという安心感を得ることができます。

また、ペットを火葬場まで自ら運ぶことを選択する場合、適切な輸送方法を確保することが重要です。これには、ペットを安全に運ぶための適切な容器や車両の準備が含まれます。火葬場への移動中も、ペットに対する敬意を保ち、安全な輸送を心がけることが大切です。

火葬場に到着した後、飼い主は火葬のプロセスについて詳細を確認し、必要に応じて最後のお別れを行うことができます。火葬サービス提供者は、このプロセスを通じて飼い主をサポートし、ペットとの別れを尊重し、心の準備を助けます。

火葬が完了した後、骨壺や遺骨を受け取る際にも、火葬サービス提供者は飼い主の感情を尊重し、適切なサポートを提供します。ペットの遺骨を持ち帰る際には、それを安全に保管するための適切な方法を確保することが重要です。

火葬場への移動と火葬プロセスは、ペットとの別れを受け入れ、その記憶を大切にするための重要なステップです。このプロセスを通じて、飼い主はペットへの愛と感謝を表現し、心の平穏を得ることができます。

 

マンションでのペット火葬の注意点

近隣住民への配慮

マンションでペットの火葬を行う際、近隣住民への配慮は非常に重要な要素です。密集した住宅環境においては、他の住民の理解と協力が必要不可欠となります。

まず、火葬を行う際には、マンションの管理組合や近隣住民に事前に通知することが望ましいです。これは、予期せぬ騒音や活動によって他の住民を不快にさせないための配慮です。特に、移動火葬車を利用する場合、車両の出入りや火葬のプロセスに伴う音などが発生する可能性があるため、事前の説明と理解を求めることが重要です。

また、火葬の際には、煙や臭いが発生する可能性があります。これらが近隣住民に迷惑をかけないよう、適切な場所選びや環境への配慮が必要です。可能であれば、マンションの敷地外での火葬を検討することも一つの方法です。

火葬の日時についても、近隣住民の生活リズムを考慮し、できるだけ迷惑がかからない時間帯を選ぶことが望ましいです。例えば、平日の昼間など、多くの住民が外出している時間帯を選ぶことで、騒音やその他の影響を最小限に抑えることができます。

さらに、火葬後の清掃や整理も重要です。火葬によって発生した灰や残骸は、適切に処理し、周囲の環境を清潔に保つことが必要です。これは、衛生面だけでなく、近隣住民への配慮としても重要なポイントです。

近隣住民とのコミュニケーションを大切にすることも重要です。ペットの火葬は、ペットを家族の一員として大切にしている飼い主にとっては、非常に感情的なイベントです。このことを理解し、共感を示してくれる近隣住民もいるでしょう。そのため、火葬に関する計画や意図をオープンにし、理解と協力を求めることが、スムーズな火葬の実施につながります。

これらの点を考慮し、近隣住民への配慮を行うことで、ペットの火葬を円滑に、そして尊重をもって行うことができます。

 

火葬許可や規約の確認

マンションでペットの火葬を行う際には、いくつかの法的および規約上の確認が必要です。これは、法律違反やトラブルを避けるために重要なステップとなります。

まず、マンションの管理規約や住居規則を確認することが重要です。多くのマンションでは、敷地内での特定の活動に関して規制が設けられていることがあります。これには、火葬のような特殊な活動も含まれる可能性があります。したがって、火葬を行う前に、マンションの管理組合や管理会社に確認を取り、必要な許可を得ることが必要です。

次に、地域の法律や条例についても確認が必要です。火葬は、地域によっては特定の法律や条例によって規制されている場合があります。特に、都市部や住宅密集地では、火葬に関する規制が厳しいことがあります。そのため、地方自治体や関連する公的機関に問い合わせを行い、法的な許可や条件を確認することが重要です。

また、火葬を行う場合、環境への影響も考慮する必要があります。煙や臭い、騒音などが周囲に影響を与えないように、適切な場所と方法を選ぶことが求められます。これは、法的な観点だけでなく、近隣住民との良好な関係を維持するためにも重要です。

さらに、火葬を行う際には、専門的な業者を利用することが一般的です。そのため、業者の選定に際しては、適切な許可や資格を持っているかどうかを確認することも重要です。専門的な業者であれば、法的な要件や環境への配慮について適切なアドバイスを提供してくれるはずです。

火葬後の遺骨の取り扱いについても、法的な規制やマンションの規約を確認することが必要です。遺骨の保管や納骨に関しても、特定の規制が存在する場合があります。

これらの点を十分に確認し、適切な手続きを踏むことで、マンションでのペット火葬を法的にも倫理的にも問題なく行うことができます。法的な観点と近隣住民との良好な関係の両方を考慮することが、スムーズな火葬の実施には不可欠です。

 

ペット火葬のメモリアル・セレモニー

自宅での追悼の方法

ペットの火葬後、多くの飼い主は愛するペットへの追悼の意を表すためにメモリアル・セレモニーを行います。自宅で行う追悼の方法は、個々のペットとの関係や家族の感情に合わせて、さまざまな形が考えられます。ここでは、自宅で行うペットのメモリアル・セレモニーについて、専門的な観点からいくつかの方法をご紹介します。

まず、追悼の場を設けることが大切です。これは、ペットの写真や思い出の品を飾る小さなスペースを作ることから始めることができます。このスペースは、ペットが生前好んでいた場所や、家族が集まるリビングルームの一角など、意味のある場所に設けると良いでしょう。

次に、家族や友人を招いて、ペットの思い出を語り合う時間を持つことも一つの方法です。ペットとの思い出やエピソードを共有することで、悲しみを分かち合い、癒しを得ることができます。また、ペットへの感謝の気持ちを込めた手紙を読むなど、形式にとらわれず自由な形で行うことができます。

さらに、ペットのための小さな儀式を行うことも、追悼の一環として考えられます。例えば、ペットが好きだったおもちゃやおやつを供えたり、お花を飾ったりすることで、故人への敬意を表すことができます。また、ペットの遺骨や遺灰を納めるための特別な場所を作ることも、追悼の方法として選択できます。

ペットの追悼は、そのペットとの関係や家族の感情に深く根ざしたものであるため、一様な形式は存在しません。大切なのは、ペットへの愛情と感謝の気持ちを表現することです。自宅で行うメモリアル・セレモニーは、ペットとの思い出を大切にし、その存在を心に留めるための大切な時間となるでしょう。

 

メモリアルグッズや納骨堂の紹介

ペットの火葬後、多くの飼い主は愛するペットを偲ぶためにメモリアルグッズや納骨堂の利用を考えます。これらはペットとの思い出を形に残し、故人を偲ぶための大切な手段となります。ここでは、メモリアルグッズと納骨堂について、専門的な視点からご紹介します。

メモリアルグッズには、ペットの遺骨や遺灰を納めるための専用の壷やケースがあります。これらは、ペットの個性や飼い主の好みに合わせて様々なデザインや素材で作られています。また、ペットの写真を使ったフォトフレームや、足跡を型取った記念品なども人気があります。これらのグッズは、ペットとの思い出を身近に感じることができるため、多くの飼い主にとって心の支えとなります。

一方、納骨堂はペットの遺骨や遺灰を安置するための施設です。これらの施設は、ペット専用のものから、人間とペットが一緒に安置できるものまで、さまざまな形態があります。納骨堂は、ペットを家族の一員として大切に思う飼い主にとって、故人を偲ぶ場として重要な役割を果たします。多くの納骨堂では、定期的に法要や追悼の儀式が行われ、ペットとの絆を再確認する機会となります。

ペットのメモリアルグッズや納骨堂の利用は、ペットとの別れを受け入れ、新たな形での絆を築くための一歩です。これらを通じて、ペットとの思い出を大切にし、心の中で永遠に生き続けるようにすることができます。ペットとの関係は、その生涯を通じて、そしてその後も、飼い主の心の中で特別な存在として残り続けるのです。

 

まとめ

ペットとの別れは、多くの飼い主にとって心の準備が必要な大きな出来事です。愛するペットとの最後の時間をどのように過ごすか、その後の手続きやセレモニーについてどう対応するかは、飼い主にとって重要な意思決定となります。この記事を通じて、ペット火葬のプロセス、法的な位置づけ、マンションでの火葬の可否、移動火葬車の利用、メモリアル・セレモニーの方法など、ペットとの別れを迎える際の様々な側面について考察しました。

ペット火葬の選択は、個別火葬や集団火葬など、ペットの種類や飼い主の希望によって異なります。また、マンションなどの集合住宅での火葬には、近隣住民への配慮や規約の確認が必要です。移動火葬車の利用は、自宅での火葬を希望する飼い主にとって有効な選択肢となり得ます。そして、ペットの死後には、メモリアルグッズや納骨堂を通じて、故人を偲ぶ方法もあります。

ペットとの別れを迎える際には、専門的なサポートを受けることが重要です。火葬サービスの提供者や動物葬儀社は、この困難な時期において、飼い主を精神的にも実務的にもサポートします。彼らは、ペットとの別れを迎える際の手続きやセレモニーの準備を手助けし、飼い主がペットとの最後の時間を心穏やかに過ごせるように支援します。

ペットとの別れは、飼い主にとって深い悲しみを伴いますが、同時にペットと共に過ごした幸せな時間を振り返る機会でもあります。ペット火葬やメモリアルサービスは、ペットとの絆を称え、その思い出を大切にするための手段です。ペットとの別れを迎える際には、これらのサービスを活用し、ペットとの美しい思い出を心に刻むことができます。ペットは家族の一員として、飼い主の心の中で永遠に生き続けるでしょう。

ペット火葬・ペット葬儀ならアーバンペット葬儀社

アーバンペット葬儀社は、ペットの火葬・葬儀サービスを24時間ご提供しています。小動物から大型犬まで、すべてのペットのご遺体をご自宅までお迎えに上がり、丁寧な対応で初めての方にもご安心してご利用いただけます。個別火葬返骨プラン、個別火葬ご家族拾骨プラン、個別火葬永代供養プラン、合同火葬永代供養プラン、海洋散骨プランなど、多様な葬儀プランをご用意しており、ペットとの最後のお別れを大切にサポートいたします。また、形見カプセルのご提供や、散骨サービスも行っており、愛するペットの思い出を形に残すお手伝いをしています。

アーバンペット葬儀社

会社名:アーバンペット葬儀社
所在地:東京都江戸川区中央3-23-10
電話:0120-420-160お問い合わせはこちら

よくある質問

Q. 亡くなったのですが、どうしたらいいの?
A. 犬や猫など小さな動物の死後硬直は思ってるよりも早く進んでしまいます。
気温等にも左右されますが、2時間程度で硬直を始めます。
手足から腹部・頭部といった順番で硬直していきますので、そのままにしてしまうと手足が突っ張った状態になってしまいますので (そのままだとお棺に入らない場合もあります) 
硬直が始まる前にまぶた・口を閉じ、手足を胸の方にやさしく折り曲げてあげます。
寝ている時のようなリラックスした姿勢にしてあげてください。
毛並みや尻尾を整え、お湯でぬらしたガーゼや布で全身をやさしく拭いてあげます。
口や肛門から体液や汚物が出てくることがありますので、ガーゼなどで拭き取ってください。
数日間ご自宅で安置する場合は保冷剤等で腐敗を遅らせることができます。
※詳しくは「亡くなってしまったら」をご覧ください

 

Q. 亡くなったペットの安置方法は?
A. ご自宅で数日安置される場合は、環境条件により安置可能な期間は異なります。
夏場は高温下では1日程度、冬場の低温下では3日程度となりますが空調やご遺体の温度(市販の保冷剤やドライアイス等を使用)を管理する事によりある程度は日数を調整できます。

~安置方法としては~

下に厚手のタオル(ビニールシートでもよい)とペットシートを敷き、ペットを寝かせます。
(体液等が出る場合があるので、ペットシートが無い場合はタオルを数枚多めに敷いてあげてください)
その後、ペットをタオルで覆い、タオルで覆ったドライアイス(または市販の保冷剤)を腹部・背部に添わせる様に置きます。
その上から厚手のバスタオル等で全体を包んであげてください。厚手のタオルで包む事により保冷効果を高めます。

※直接ドライアイスを置いてしまうと、ご遺体とドライアイスの間で冷やされた空気中の水分が氷となってしまい接着してしまう場合がありますのでご注意ください。

※夏場でも、エアコンでの室温調整が可能であれば、市販の保冷剤を併用する事で2~3日程度は保管できるかと思われます。

※詳しくは「亡くなってしまったら」をご覧ください

 

Q. いつ来てくれるの?
A. ご連絡を頂いた際に他の客様からのご予約が入っていなければ、当日中にお伺いする事が出来ます。
お伺いまでにお時間を頂く場合がございます。 (ご予約が入っている場合やお伺いする場所までの交通状況等)
ご予約が入っていた場合は翌日・翌々日のご予約となりますので、その間はご自宅で安置していただく事となります。

 

Q. 好きだった食べ物や玩具を一緒に火葬出来ますか?
A. 少量の食べ物やお花を一緒にお送りすることが出来ます。
おもちゃ等でプラスチック・ガラス・金属製品等はお入れすることは出来ません。
ご返骨の後、そばに置いてあげてください。

●一緒に火葬できるもの

・愛用していたタオルや洋服 (綿製のもの)
・好物 (ドックフードなど少量)
・玩具類 (プラスチック・ガラス・金属以外のもの)
・お手紙等 (紙製)
・お花 (生花)

●一緒に火葬できないもの

・プラスチック・ガラス・金属製品 (黒煙・変色・付着の原因になります)
・化学繊維などのタオル製品 (黒煙・ダイオキシンを発生させてしまいます)
・ボール (黒煙・付着・火葬中に破裂の恐れがあり危険です)
・ドライアイス等の保冷剤 (燃焼温度低下と黒煙が発生します)

 

会社概要

会社名・・・アーバンペット葬儀社
所在地・・・〒132-0021 東京都江戸川区中央3-23-10
電話番号・・・0120-420-160

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ .

アーバンペット葬儀社では東京都23区・町田市・千葉県全域・埼玉県南東部・神奈川県川崎市・横浜市でペットの火葬・葬儀を承っております。

. ご遺体は全てのプランで完全な個別火葬を致します。(立会も可能です) . 年中無休 am6:00~pm11:00 葬儀は24時間対応しております。 . 当日の葬儀・火葬も承ります。 .

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆