葛飾区でのペット火葬:愛する家族を送る流れと心に残るセレモニーのすすめ

2023/12/24 コラム

ペットとの別れは、多くの飼い主にとって心に深い影を落とす出来事です。特に、長年共に過ごした愛する動物を失う瞬間は、言葉にできないほどの悲しみを伴います。葛飾区にお住まいのペットオーナーの中には、このような時にどのように対処すれば良いのか、どのような選択肢があるのか、不安や疑問を抱えている方も少なくありません。この記事では、そんなペットオーナーの方々に向けて、葛飾区でのペット火葬の流れやセレモニーの選択肢について、専門的かつ丁寧に解説していきます。

ペット火葬は、ただ単に愛する動物の体を火葬するだけではありません。それは、長い間家族の一員として共に過ごしたペットへの最後の敬意を表し、心に残る別れを演出する大切な儀式です。葛飾区では、個別火葬から合同火葬まで、様々な火葬の形態が提供されており、それぞれのペットオーナーのニーズに合わせたサービスが用意されています。火葬のプロセスを理解することは、ペットとの最後の時間をどのように過ごすかを決める上で非常に重要です。

また、火葬後の遺骨の扱い方や、納骨の方法についても、多くの選択肢があります。遺骨を家に置くことを選ぶ方もいれば、霊園や納骨堂に安置することを選ぶ方もいます。これらの選択は、ペットとの関係性や家族の価値観に深く根ざしています。この記事を通じて、葛飾区におけるペット火葬の流れやセレモニーの選択肢について、詳しく、かつ慎重に考察していきます。ペットとの別れは決して簡単なものではありませんが、適切な準備と理解を持つことで、その大切な瞬間をより心に残るものにすることができます。

ペット火葬・ペット葬儀ならアーバンペット葬儀社

アーバンペット葬儀社は、ペットの火葬・葬儀サービスを24時間ご提供しています。小動物から大型犬まで、すべてのペットのご遺体をご自宅までお迎えに上がり、丁寧な対応で初めての方にもご安心してご利用いただけます。個別火葬返骨プラン、個別火葬ご家族拾骨プラン、個別火葬永代供養プラン、合同火葬永代供養プラン、海洋散骨プランなど、多様な葬儀プランをご用意しており、ペットとの最後のお別れを大切にサポートいたします。また、形見カプセルのご提供や、散骨サービスも行っており、愛するペットの思い出を形に残すお手伝いをしています。

アーバンペット葬儀社

会社名:アーバンペット葬儀社
所在地:東京都江戸川区中央3-23-10
電話:0120-420-160お問い合わせはこちら

 

はじめに

ペットとの別れの重要性

ペットとの別れは、多くの人にとってただの出来事ではありません。それは、深い愛情と絆を象徴する重要な瞬間であり、私たちの心に深く刻まれる体験です。ペットは単なる動物ではなく、家族の一員として、私たちの日常生活に深く関わっています。彼らは私たちの喜び、悲しみ、そして生活の変化を共にし、時には支えとなり、時には慰めとなります。そのため、ペットとの別れは、単に一つの生命が終わるということ以上の意味を持ちます。

ペットとの別れを迎える時、私たちは多くの感情に直面します。悲しみ、喪失感、時には罪悪感や孤独感など、これらの感情は人それぞれ異なりますが、それぞれが非常に強く、深いものです。ペットとの別れを経験することは、私たち自身の感情を理解し、受け入れる機会を提供します。また、ペットの死を通じて、生命の尊さや、時間の有限性について考えるきっかけにもなります。

ペットの火葬や葬儀は、ペットとの物理的な別れを意味するだけでなく、心の中での別れを受け入れ、ペットへの感謝と愛情を表現する方法です。火葬や葬儀の儀式を通じて、ペットとの思い出を振り返り、感謝の気持ちを込めることができます。これは、ペットへの最後の敬意を表すと同時に、私たち自身の心の平穏を得るための重要なステップです。

ペットとの別れをどのように扱うかは、文化や個人の価値観によって異なります。しかし、どのような方法を選ぶにせよ、ペットとの別れを大切にすることは、私たちの心の健康にとって非常に重要です。ペットとの別れを通じて、私たちは愛すること、失うこと、そして前に進むことを学びます。これらの経験は、私たちの人生において重要な教訓となり、より深い感情の理解と成長を促します。

ペットとの別れを迎えた時、多くの人は支援や助言を求めます。ペットロスに関するカウンセリングやサポートグループは、このような時に大きな助けとなります。また、ペットの火葬や葬儀を行うことで、ペットへの感謝と愛情を形にすることができます。これらのサービスは、ペットとの別れを健康的かつ尊重ある方法で行うための重要な手段です。

ペットとの別れは、私たちが愛した動物への感謝と敬意を示す機会です。それは、ペットが私たちの人生に与えてくれた喜びと愛を称え、心の中で永遠に彼らを記憶に留めるための大切な瞬間です。ペットとの別れを通じて、私たちは愛と喪失の感情を深く理解し、人生の重要な一部として受け入れることができます。

 

葛飾区におけるペット火葬の需要の高まり

葛飾区におけるペット火葬の需要が高まっている背景には、ペットを家族の一員として捉える文化の変化が大きく関わっています。近年、ペットを単なる動物としてではなく、家族の一部として深く愛する傾向が強まっており、それに伴いペットの最期をどのように扱うかに対する意識も変化してきています。

葛飾区を含む都市部では、ペットの飼育数が増加傾向にあります。これは、一人暮らしや高齢者の世帯の増加、また家族構成の多様化に伴い、ペットが精神的な支えとなるケースが増えていることが一因です。ペットは、日々の生活に潤いをもたらし、孤独感を軽減する存在として重要な役割を果たしています。そのため、ペットの死は単なるペットロスを超え、深い悲しみとして受け止められるようになっています。

このような文化的背景の変化に伴い、ペットの死に対する処遇も変わりつつあります。かつては、ペットの死後の処理は比較的簡素なものでしたが、現在ではペット火葬の需要が高まり、より尊重された方法でペットを送り出すことが一般的になってきています。葛飾区においても、ペット火葬を専門とするサービスが増え、多様なニーズに応えるための様々なプランが提供されています。

ペット火葬の需要が高まる中、個別火葬と合同火葬の選択肢が提供されています。個別火葬は、ペット一匹ごとに行われ、飼い主が直接火葬に立ち会うことができます。これに対し、合同火葬は複数のペットを一緒に火葬し、費用を抑えることができる選択肢です。これらのサービスは、ペットオーナーの経済的な状況や、ペットとの関係性、個人の価値観に応じて選ばれます。

また、ペット火葬の際には、セレモニーや供養の形態も重要な要素です。葛飾区では、ペットの供養に対する意識が高まり、供養の方法も多様化しています。例えば、読経や祈りを捧げることで、ペットの魂を慰め、飼い主自身の心の平穏を得るための儀式が行われることもあります。

葛飾区におけるペット火葬の需要の高まりは、ペットと人間との関係性の変化、文化的背景の変化、経済的な要因、そして個人の価値観の多様化が複合的に影響しています。ペット火葬は、単にペットの遺体を処理するだけでなく、ペットとの深い絆を称え、適切に別れを告げるための重要な手段となっています。

 

ペット火葬の基本的な流れ

依頼から火葬までのステップ

ペットの火葬は、愛するペットとの最後の別れを形にする大切なプロセスです。このプロセスは、ペットオーナーにとって感情的にも困難な時期であるため、依頼から火葬までの各ステップを理解しておくことが重要です。

まず、ペットが亡くなった際、火葬を行う業者に連絡を取ります。この時、ペットの種類、体重、火葬の希望日時などの基本情報を伝えます。多くの火葬業者は、ペットオーナーの心情を考慮し、丁寧に対応してくれます。また、火葬の種類(個別火葬か合同火葬か)や、追加のセレモニーの有無などもこの段階で相談します。

次に、火葬業者はペットの種類やサイズ、オーナーの予算に応じて、複数の火葬プランを提案します。プランには、個別火葬、合同火葬、立ち会いの有無、セレモニーの内容などが含まれます。オーナーは、ペットとの関係や個人の感情、経済的な状況を考慮して、最適なプランを選択します。

火葬の日が決まったら、ペットを火葬場へ搬送する必要があります。多くの火葬業者は、自宅や病院からペットを搬送するサービスを提供しています。この際、ペットを安心させるためのタオルやおもちゃを一緒に搬送することもできます。

火葬場に到着後、ペットは火葬炉に移されます。立ち会い火葬の場合、オーナーは火葬の全過程を見守ることができます。火葬中、オーナーはペットに最後の別れを告げ、感謝の気持ちを伝える時間を持つことができます。

火葬が終わると、遺骨を受け取ります。遺骨は骨壺に納められ、オーナーに手渡されます。この際、遺骨を自宅に持ち帰るか、霊園や納骨堂に安置するかを決める必要があります。また、遺骨を使った記念品を作成するサービスもあります。

火葬後、多くのオーナーは深い悲しみに直面します。一部の火葬業者は、ペットロスに関するカウンセリングやサポートを提供しています。また、ペットの思い出を振り返るための記念品作成や、追悼のセレモニーの手配も行われることがあります。

ペット火葬のプロセスは、ペットオーナーにとって感情的にも困難な時期ですが、ペットへの愛情と敬意を表す重要な手段です。適切なプラン選択と心の準備をすることで、ペットとの最後の時間を尊重あるものにすることができます。

 

合同火葬と個別火葬の違い

ペット火葬における合同火葬と個別火葬の違いは、ペットオーナーが直面する選択の中でも特に重要なものです。これら二つの火葬方法は、ペットとの別れ方、費用、および火葬に対する個人的な感情や価値観に大きく影響を与えます。

合同火葬は、複数のペットを同時に火葬する方法です。この方法の最大の特徴は、費用が比較的低く抑えられる点にあります。合同火葬では、ペット一匹一匹に対して個別の処理が行われるわけではないため、火葬後の遺骨は個別に回収されず、一般的には共同の埋葬地や散骨場に安置されます。この方法は、経済的な理由や、ペットとの関係性が深くない場合に選ばれることが多いです。

一方、個別火葬は、ペット一匹ごとに火葬を行う方法です。この方法の最大の利点は、ペット一匹一匹に対して個別の処理が施されるため、火葬後に遺骨を回収することができる点です。個別火葬では、ペットオーナーが火葬の全過程に立ち会うことが可能であり、ペットとの最後の時間を個人的に過ごすことができます。また、遺骨は骨壺に納められ、オーナーが自宅に持ち帰ることができます。この方法は、ペットとの深い絆を感じているオーナーにとって、ペットへの敬意を表す方法として選ばれます。

合同火葬と個別火葬の選択は、ペットオーナーの経済的な状況、ペットとの関係性、個人の感情や価値観に大きく依存します。合同火葬は費用を抑えることができる一方で、ペット一匹一匹に対する個別の処理や遺骨の回収は行われません。個別火葬は費用が高くなる可能性がありますが、ペットとの個人的な別れを重視するオーナーにとっては、より適した選択となり得ます。

 

葛飾区でのペット火葬サービスの選び方

専門性と安心感を重視

葛飾区でペット火葬サービスを選ぶ際、専門性と安心感を重視することは非常に重要です。ペットとの別れは心に大きな影響を与えるため、信頼できるサービスを選ぶことが、ペットへの最後の敬意を表す上で欠かせません。

まず、ペット火葬サービスを選ぶ際には、その業者が持つ専門性を確認することが重要です。専門性の高い業者は、ペットの種類やサイズに応じた適切な火葬方法を提供し、ペットオーナーのニーズに合わせた柔軟な対応を行います。また、専門的な知識を持つスタッフがいることは、火葬プロセス全体の品質を保証する上で不可欠です。専門性の高い業者は、ペット火葬に関する法規制や倫理的な基準を理解し、適切に遵守していることが期待できます。

次に、安心感を提供するサービスの選択も重要です。ペットオーナーにとって、ペットの最後の時を安心して任せられるかどうかは、サービス選択の大きな要素です。安心感を提供するサービスには、透明性の高い料金体系、丁寧なカウンセリング、ペットとの最後の時間を大切にする姿勢などが含まれます。また、火葬後のアフターケアやペットロスに対するサポートを提供する業者を選ぶことも、安心感を得る上で重要です。

さらに、葛飾区内でのペット火葬サービスを選ぶ際には、地域社会との関係性も考慮する必要があります。地域に根差したサービスは、地域の文化や価値観を理解しており、ペットオーナーの感情に寄り添ったサービスを提供する可能性が高いです。また、地域社会における評判や口コミを参考にすることも、信頼できるサービスを見つける手助けとなります。

ペット火葬サービスを選ぶ際には、複数の業者を比較検討することが推奨されます。サービス内容、料金、スタッフの対応、利用者のレビューなどを比較することで、最も適したサービスを見つけることができます。ペットとの別れは一度きりのものですから、慎重に、そして心に寄り添うサービスを選ぶことが大切です。

 

費用とプランの比較

ペット火葬における費用とプランの比較は、ペットオーナーにとって重要な判断基準の一つです。火葬サービスの選択は、ペットへの愛情と敬意を表す方法であり、同時に経済的な側面も考慮する必要があります。ここでは、ペット火葬に関連する費用とプランの比較について、詳細に解説します。

ペット火葬の費用は、提供されるサービスの種類によって大きく異なります。一般的に、火葬の種類(個別火葬か合同火葬か)、ペットの種類やサイズ、火葬に付随する追加サービス(例えば、セレモニーの実施や遺骨の取り扱いなど)によって費用が変動します。個別火葬は、ペット一匹ごとに専用の火葬炉を使用するため、合同火葬に比べて費用が高くなる傾向があります。また、ペットのサイズが大きいほど、火葬に必要な時間やリソースが増えるため、費用が上昇することも一般的です。

火葬プランには、基本的な火葬サービスのほかに、様々な追加オプションが用意されていることが多いです。例えば、立ち会い火葬、セレモニーの実施、遺骨の特別な取り扱い(骨壺への納骨や記念品への加工など)、火葬後のアフターケアサービスなどがあります。これらの追加オプションは、ペットオーナーのニーズや感情に応じて選択できるため、火葬体験をより個人的で意味深いものにすることができますが、同時に費用が増加する要因ともなります。

費用とプランを比較する際には、ペットオーナーの個人的な価値観や経済的な状況を考慮することが重要です。ペットとの深い絆を感じているオーナーは、より高額な個別火葬や追加のセレモニーを選択することが多いです。一方で、経済的な制約がある場合や、ペットとの関係性が異なる場合には、合同火葬や基本的なプランが適している場合もあります。

ペット火葬の費用とプランを比較する際には、ペットへの愛情と敬意を表す方法としての価値と、経済的な現実とのバランスを見極めることが求められます。ペットオーナーは、ペットとの最後の時をどのように過ごしたいか、どの程度の費用を負担できるかを慎重に考慮し、最適な選択をする必要があります。

 

ペット葬儀のセレモニーと形式

セレモニーの形態とその意義

ペットのセレモニーは、ペットとの別れを形式的に表現する方法であり、ペットオーナーにとって非常に重要な意義を持ちます。セレモニーの形態は多岐にわたり、ペットとの関係性やオーナーの感情、文化的背景によって異なります。ここでは、ペットセレモニーの様々な形態とその意義について掘り下げてみましょう。

ペットセレモニーの一つの形態として、火葬式があります。これは、ペットの遺体を火葬し、その過程に立ち会うことを含みます。火葬式では、オーナーがペットとの最後の時間を過ごし、別れを告げる機会を持ちます。このセレモニーは、ペットへの感謝や愛情を表現する場となり、オーナーにとって心の平穏を得る手段となることが多いです。

また、火葬後に行われる追悼式も一般的です。追悼式では、ペットの思い出を振り返り、家族や友人が集まってペットへの感謝や愛を語り合います。このようなセレモニーは、ペットロスを乗り越える過程でのサポートとなり、共感や慰めを提供します。

さらに、ペットの遺骨や遺灰を使ったセレモニーもあります。例えば、遺骨を特別な骨壺に納める、遺灰を自然に還すための散骨、または遺灰を使った記念品を作成するなどがあります。これらのセレモニーは、ペットとの物理的なつながりを象徴的に保持する方法として、オーナーにとって大きな意味を持ちます。

ペットセレモニーの意義は、単にペットとの別れを告げることにとどまりません。これらのセレモニーは、ペットとの関係を振り返り、感謝と愛を表現する機会を提供します。また、ペットロスという深い悲しみを経験する中で、心の平穏を取り戻し、喪失感を乗り越える手助けとなります。ペットセレモニーは、ペットとの絆を称え、その記憶を大切にするための重要なステップです。

ペットセレモニーをどのように行うかは、ペットオーナーの個人的な感情、文化的背景、経済的な状況によって異なります。重要なのは、ペットとの関係を尊重し、その生涯を称える方法を見つけることです。ペットセレモニーは、ペットとの別れを受け入れ、新たな一歩を踏み出すための大切なプロセスとなります。

 

供養と納骨の方法

ペットの供養と納骨は、ペットオーナーにとって非常に重要なプロセスです。これらの行為は、ペットへの愛と敬意を表し、ペットとの別れを受け入れる手助けをします。供養と納骨の方法は多様であり、文化的背景や個人の信念によって異なりますが、共通するのはペットへの深い愛情です。

供養は、ペットの魂を慰め、オーナー自身がペットロスを乗り越えるための精神的なプロセスです。供養の方法は、宗教的な儀式からシンプルな記念行事まで様々です。例えば、仏教の伝統に従って読経を行う、キリスト教の伝統に基づいて祈りを捧げる、または宗教とは無関係にペットの写真を飾り、思い出を語り合うなどがあります。重要なのは、ペットへの感謝と愛を表現することであり、その方法はオーナーの心に沿ったものであれば何でも良いのです。

納骨は、ペットの遺骨を適切に保管するプロセスです。納骨の方法には、家庭内での保管、納骨堂での保管、自然に還すための散骨などがあります。家庭内での保管では、遺骨を骨壺に納め、家族が集まる場所に置くことが一般的です。これにより、ペットが家族の一員であったことを日々感じることができます。納骨堂での保管は、特に都市部で人気があり、ペットの遺骨を専門の施設に安置します。散骨は、ペットの遺骨を自然に還す行為で、海や山など、ペットとの思い出の場所で行われることが多いです。

供養と納骨を行う際の注意点としては、まず、ペットの遺骨を尊重し、適切に扱うことが重要です。また、供養や納骨の方法を選ぶ際には、家族全員の意見を尊重し、全員が納得できる方法を選ぶことが大切です。さらに、供養や納骨に関する法的な規制や文化的な慣習を理解し、適切な方法を選ぶことも重要です。

 

火葬後の選択肢と注意点

遺骨の取り扱い(骨壺、納骨堂、自宅での保管)

ペットの火葬後、オーナーは遺骨の取り扱いに関していくつかの選択肢を持っています。これらの選択肢には、骨壺への納骨、納骨堂での保管、または自宅での保管などが含まれます。それぞれの選択肢には特有の意義があり、注意点も異なります。ここでは、これらの選択肢とそれに伴う注意点について詳しく解説します。

骨壺への納骨は、最も一般的な選択肢の一つです。骨壺は、ペットの遺骨を安置するための容器であり、様々なデザインや素材があります。骨壺を選ぶ際には、ペットのサイズやオーナーの好みに合わせて選ぶことが重要です。また、骨壺はペットの記憶を形として残すための象徴的なアイテムとなり得るため、選ぶ際にはペットとの思い出や関係性を反映させることも考慮に入れると良いでしょう。

納骨堂での保管は、特に都市部で人気があります。納骨堂は、ペットの遺骨を特定の施設に安置するサービスで、定期的な訪問や供養が可能です。納骨堂を選ぶ際の注意点としては、施設の場所やアクセス、管理状況、費用などを事前に確認することが重要です。また、納骨堂には様々なタイプがあり、例えば共同のスペースを利用するタイプや、個別のスペースを提供するタイプなどがありますので、自分のニーズに合ったタイプを選ぶことが大切です。

自宅での保管は、ペットとの絆を身近に感じたいオーナーに適しています。自宅で遺骨を保管する場合、骨壺をインテリアの一部として飾ることができます。しかし、自宅での保管には特に注意が必要です。遺骨を尊重し、適切な場所に安置することが大切です。また、家族の中にはペットの遺骨に対して異なる感情を持つ人もいるかもしれませんので、家族全員の意見を尊重することも重要です。

いずれの選択肢を選ぶにせよ、ペットの遺骨の取り扱いは、ペットへの敬意と愛情を表す行為です。オーナーは、ペットとの関係、個人的な感情、生活環境などを総合的に考慮し、最適な選択をする必要があります。また、遺骨の取り扱いに関する決定は、ペットとの別れを受け入れ、喪失感を乗り越える過程の一部となります。ペットオーナーは、ペットとの思い出を大切にしながら、新たな一歩を踏み出すための選択を行うことが求められます。

 

立ち会いとその心構え

ペットの火葬に立ち会うことは、ペットオーナーにとって非常に感情的な体験です。この重要な時に、心構えとして意識すべき点がいくつかあります。立ち会いは、ペットとの最後の別れを直接見届けることであり、その過程での心の準備は非常に重要です。

まず、立ち会いの意義を理解することが大切です。立ち会いは、ペットへの最後の敬意を表し、ペットとの絆を称える機会です。また、ペットの死を現実として受け入れ、喪失感に対処する手助けとなります。このプロセスは、ペットオーナーにとって心の平穏を得るための重要なステップです。

次に、立ち会いの際の心の準備をすることが重要です。立ち会いは感情的に困難な体験であり、涙や悲しみを感じることは自然な反応です。事前に心の準備をしておくことで、その場での感情のコントロールがしやすくなります。また、ペットとの思い出を振り返り、感謝の気持ちを持つことも、心の準備に役立ちます。

立ち会いの際には、ペットに対する感謝の気持ちを表現することも大切です。最後の別れの際に、ペットへの感謝の言葉を語ることで、ペットへの愛情を表現し、心の平穏を得ることができます。また、ペットの好きだったおもちゃやおやつを一緒に火葬することで、ペットへの思いやりを示すこともできます。

立ち会いの際には、専門家とのコミュニケーションも重要です。火葬のプロセスや手順について事前に理解しておくことで、当日の不安を軽減できます。また、火葬後の遺骨の取り扱いや納骨の方法についても、事前に相談しておくことが望ましいです。

最後に、立ち会い後の心のケアを忘れないことが重要です。立ち会い後は、悲しみや喪失感が強くなることがあります。家族や友人とのコミュニケーション、ペットロスに関するサポートグループへの参加、またはカウンセリングを受けることで、心のケアを行うことが大切です。

立ち会いは、ペットとの最後の別れを直接見届けることであり、ペットオーナーにとって非常に重要な体験です。心の準備をして、ペットへの感謝の気持ちを表現し、専門家とのコミュニケーションを大切にすることで、この困難な時を乗り越える手助けとなります。立ち会いを通じて、ペットとの絆を称え、心の平穏を得ることができます。

 

まとめ

ペットとの時間は、私たちの生活に深い喜びと愛をもたらします。彼らは家族の一員として、日々の生活に色を添え、忘れがたい思い出を作り出します。しかし、いつかは別れの時が訪れます。その時、私たちはペットへの感謝と愛を込めた最後の贈り物を考えます。それが、ペット火葬という形でのお別れです。

ペット火葬は、ただの形式ではありません。これは、ペットとの絆を称え、彼らの存在が私たちの人生にどれほどの意味を持っていたかを示す方法です。火葬を通じて、ペットへの感謝の気持ちを表現し、彼らの魂に平穏をもたらすことができます。また、ペットオーナー自身にとっても、ペットの死を受け入れ、心の平和を得るための重要なステップです。

火葬の選択、セレモニーの形態、立ち会いの心構え、そして火葬後の遺骨の取り扱いに至るまで、すべてのステップは、ペットへの愛と敬意を表す行為です。これらの選択を通じて、ペットへの最後のサービスを行い、彼らの記憶を大切にし続けることができます。

ペットとの別れは決して簡単なことではありませんが、適切な準備と心構えを持つことで、その過程を乗り越えることができます。ペット火葬は、愛するペットへの最後の贈り物であり、彼らが私たちの人生にもたらした無限の愛と喜びへの感謝の表れです。ペットとの大切な時間を振り返りながら、心からの感謝を込めて、彼らを見送りましょう。これは、ペットとの永遠の絆を称え、彼らの魂に平穏をもたらすための、最も心温まる方法です。

ペット火葬・ペット葬儀ならアーバンペット葬儀社

アーバンペット葬儀社は、ペットの火葬・葬儀サービスを24時間ご提供しています。小動物から大型犬まで、すべてのペットのご遺体をご自宅までお迎えに上がり、丁寧な対応で初めての方にもご安心してご利用いただけます。個別火葬返骨プラン、個別火葬ご家族拾骨プラン、個別火葬永代供養プラン、合同火葬永代供養プラン、海洋散骨プランなど、多様な葬儀プランをご用意しており、ペットとの最後のお別れを大切にサポートいたします。また、形見カプセルのご提供や、散骨サービスも行っており、愛するペットの思い出を形に残すお手伝いをしています。

アーバンペット葬儀社

会社名:アーバンペット葬儀社
所在地:東京都江戸川区中央3-23-10
電話:0120-420-160お問い合わせはこちら

 

よくある質問

Q. 亡くなったのですが、どうしたらいいの?
A. 犬や猫など小さな動物の死後硬直は思ってるよりも早く進んでしまいます。
気温等にも左右されますが、2時間程度で硬直を始めます。
手足から腹部・頭部といった順番で硬直していきますので、そのままにしてしまうと手足が突っ張った状態になってしまいますので (そのままだとお棺に入らない場合もあります) 
硬直が始まる前にまぶた・口を閉じ、手足を胸の方にやさしく折り曲げてあげます。
寝ている時のようなリラックスした姿勢にしてあげてください。
毛並みや尻尾を整え、お湯でぬらしたガーゼや布で全身をやさしく拭いてあげます。
口や肛門から体液や汚物が出てくることがありますので、ガーゼなどで拭き取ってください。
数日間ご自宅で安置する場合は保冷剤等で腐敗を遅らせることができます。
※詳しくは「亡くなってしまったら」をご覧ください

 

Q. 亡くなったペットの安置方法は?
A. ご自宅で数日安置される場合は、環境条件により安置可能な期間は異なります。
夏場は高温下では1日程度、冬場の低温下では3日程度となりますが空調やご遺体の温度(市販の保冷剤やドライアイス等を使用)を管理する事によりある程度は日数を調整できます。

~安置方法としては~

下に厚手のタオル(ビニールシートでもよい)とペットシートを敷き、ペットを寝かせます。
(体液等が出る場合があるので、ペットシートが無い場合はタオルを数枚多めに敷いてあげてください)
その後、ペットをタオルで覆い、タオルで覆ったドライアイス(または市販の保冷剤)を腹部・背部に添わせる様に置きます。
その上から厚手のバスタオル等で全体を包んであげてください。厚手のタオルで包む事により保冷効果を高めます。

※直接ドライアイスを置いてしまうと、ご遺体とドライアイスの間で冷やされた空気中の水分が氷となってしまい接着してしまう場合がありますのでご注意ください。

※夏場でも、エアコンでの室温調整が可能であれば、市販の保冷剤を併用する事で2~3日程度は保管できるかと思われます。

※詳しくは「亡くなってしまったら」をご覧ください

 

Q. いつ来てくれるの?
A. ご連絡を頂いた際に他の客様からのご予約が入っていなければ、当日中にお伺いする事が出来ます。
お伺いまでにお時間を頂く場合がございます。 (ご予約が入っている場合やお伺いする場所までの交通状況等)
ご予約が入っていた場合は翌日・翌々日のご予約となりますので、その間はご自宅で安置していただく事となります。

 

Q. 好きだった食べ物や玩具を一緒に火葬出来ますか?
A. 少量の食べ物やお花を一緒にお送りすることが出来ます。
おもちゃ等でプラスチック・ガラス・金属製品等はお入れすることは出来ません。
ご返骨の後、そばに置いてあげてください。

●一緒に火葬できるもの

・愛用していたタオルや洋服 (綿製のもの)
・好物 (ドックフードなど少量)
・玩具類 (プラスチック・ガラス・金属以外のもの)
・お手紙等 (紙製)
・お花 (生花)

●一緒に火葬できないもの

・プラスチック・ガラス・金属製品 (黒煙・変色・付着の原因になります)
・化学繊維などのタオル製品 (黒煙・ダイオキシンを発生させてしまいます)
・ボール (黒煙・付着・火葬中に破裂の恐れがあり危険です)
・ドライアイス等の保冷剤 (燃焼温度低下と黒煙が発生します)

 

お客様の声

お客様の声1・・・ とても丁寧で迅速に対応して頂きました。
安心してお任せする事が出来ました。
ありがとうございました。

 

お客様の声2・・・ペットの火葬は初めてだったので、色々と不安なところもありましたが、とても丁寧に対応して頂いて心残りなくお見送りすることができました。
本当にありがとうございました。

 

お客様の声3・・・とてもご親切に対応して頂き、安心して預けることができました。心より感謝致します。
ありがとうございました。

 

お客様の声4・・・会社の知人より、きれいで良くしてもらったと紹介され、火葬までどの様にしたらよいかと電話すると、丁寧に教えてもらいました。線香の用意もなく助かりました。本日はありがとうございました。
とても満足です。

 

葛飾区について

東京都葛飾区は、東京23区の一つで、多くの魅力と特色を持つ地域です。歴史的に見ると、葛飾区は江戸時代からの歴史を持ち、かつては下町文化の中心地の一つとして栄えました。現在もその文化は多くの場所で感じることができ、伝統と現代が融合した独特の雰囲気を持っています。

葛飾区は、自然と文化が共存する地域としても知られています。緑豊かな公園や、季節ごとに美しい花々が咲く景観は、訪れる人々に癒しを提供します。
地域コミュニティとしての葛飾区は、温かみのある雰囲気を持ち、住民同士の絆が強いことでも知られています。地元の祭りやイベントは、地域の人々が集まり、交流を深める大切な場となっています。また、商店街や小さな飲食店など、地元の人々に愛される店舗が多く、下町の風情を色濃く残しています。

交通の面では、JRや京成線、複数の鉄道路線が利用可能で、都心へのアクセスも良好です。この便利な交通網は、葛飾区の住みやすさをさらに高めています。

葛飾区は、歴史と文化、自然の豊かさ、そして地域コミュニティの温かさが共存する、魅力的な地域です。日々の生活の中で、これらの要素が融合し、住む人々にとって心地よい環境を提供しています。

 

ペット火葬の基礎知識

ペット火葬は、愛するペットとの別れの際に行われる大切な儀式です。このプロセスは、ペットとの絆を尊重し、敬意を表する方法の一つとして重要な役割を果たします。

まず、ペット火葬には大きく分けて「合同火葬」と「個別火葬」の二種類があります。合同火葬は、複数のペットを一緒に火葬する方法で、比較的費用が抑えられることが特徴です。一方、個別火葬は、一匹のペットだけを火葬する方法で、ペットの遺骨を回収することができます。

火葬の流れとしては、まずペット火葬サービスを提供する業者に連絡を取り、火葬の日時や方法を決定します。火葬の際には、ペットの体を適切に扱い、尊重を持って処理されます。火葬後、個別火葬の場合は遺骨を骨壺に納め、飼い主のもとに戻されます。その後、遺骨の保管方法や納骨についても考慮する必要があります。

ペット火葬を行う際には、いくつかの注意点があります。まず、火葬業者を選ぶ際には、信頼できる業者かどうかを確認することが重要です。また、火葬の種類、費用、サービス内容を事前によく理解し、納得のいく選択をすることが大切です。

ペット火葬は、ペットとの最後の時間を大切にするための方法です。ペットとの思い出を大切にし、尊重の気持ちを持って火葬を行うことで、ペットとの別れを心穏やかに受け入れることができます。

 

会社概要

会社名・・・アーバンペット葬儀社
所在地・・・〒132-0021 東京都江戸川区中央3-23-10
電話番号・・・0120-420-160

 

近隣エリア

葛飾区,江東区,船橋市,足立区,江戸川区

 

対応地域

青戸,奥戸,お花茶屋,金町,鎌倉,亀有,小菅,柴又,白鳥,新小岩,高砂,宝町,立石,新宿,西亀有(1、2丁目),西亀有(3、4丁目),西新小岩,西水元,東金町,東新小岩,東立石,東堀切,東水元,東四つ木,細田,堀切,水元,南水元,四つ木

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ .

アーバンペット葬儀社では東京都23区・町田市・千葉県全域・埼玉県南東部・神奈川県川崎市・横浜市でペットの火葬・葬儀を承っております。

. ご遺体は全てのプランで完全な個別火葬を致します。(立会も可能です) . 年中無休 am6:00~pm11:00 葬儀は24時間対応しております。 . 当日の葬儀・火葬も承ります。 .

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆