愛するペットのための火葬ガイド:持ち込み方法と心に留めるべきポイント

2024/02/12 コラム

ぺットを家族の一員として愛し、共に過ごす時間は計り知れない喜びをもたらします。しかし、その愛するペットとの別れの時が来るのは避けられない現実です。ペットの火葬は、私たちにとって最後のお別れの場であり、大切な家族への敬意を表す方法の一つです。この記事では、ペットの火葬における持ち込み方法に焦点を当て、そのプロセス、準備、そして心に留めるべきポイントについて詳しく解説します。

ペットの火葬を考える際、多くの飼い主はどのように進めれば良いのか、何を準備すべきか、またどの業者を選べば良いのかといった疑問を抱えます。これらの疑問に答えるために、私たちはペット火葬の基本から、持ち込み火葬のメリット、必要な手続き、料金体系、さらには業者の選び方に至るまで、詳細にわたって解説します。また、ペットロスと向き合い、愛するペットへの最後の敬意を表す方法として、個別のセレモニーやメモリアルサービスの選択肢も紹介します。

この記事を通じて、ペットの火葬に関する知識を深め、愛するペットとの最後の時間を大切に過ごすためのサポートを提供したいと考えています。ペットとの別れは決して簡単なものではありませんが、適切な準備と理解をもって、その大切な時を迎えることができるようになることを願っています。

 

ペット火葬・ペット葬儀ならアーバンペット葬儀社

アーバンペット葬儀社は、ペットの火葬・葬儀サービスを24時間ご提供しています。小動物から大型犬まで、すべてのペットのご遺体をご自宅までお迎えに上がり、丁寧な対応で初めての方にもご安心してご利用いただけます。個別火葬返骨プラン、個別火葬ご家族拾骨プラン、個別火葬永代供養プラン、合同火葬永代供養プラン、海洋散骨プランなど、多様な葬儀プランをご用意しており、ペットとの最後のお別れを大切にサポートいたします。また、形見カプセルのご提供や、散骨サービスも行っており、愛するペットの思い出を形に残すお手伝いをしています。

アーバンペット葬儀社

会社名:アーバンペット葬儀社
所在地:東京都江戸川区中央3-23-10
電話:0120-420-160お問い合わせはこちら

 

はじめに

ペット火葬の重要性と、持ち込み火葬の選択肢についての概要

ペットとの別れは、多くの飼い主にとって心に深い影を落とす出来事です。彼らはただの動物ではなく、家族の一員として、私たちの日常生活に深く関わっています。そのため、ペットの死は単なる喪失ではなく、家族の一部を失うことに等しいのです。このような状況で、ペット火葬は非常に重要な役割を果たします。それは、愛するペットへの最後の敬意を表し、彼らとの絆を尊重する方法として、多くの飼い主に選ばれています。

ペット火葬には、主に二つの方法があります。一つは、業者に全てを任せる方法で、もう一つは持ち込み火葬です。持ち込み火葬では、飼い主が直接ペットを火葬施設に搬入し、火葬のプロセスに立ち会うことができます。この方法は、ペットとの最後の時間を個人的かつ密接に過ごすことを望む飼い主にとって、特に意味深い選択となります。個別のセレモニーを行うことで、ペットへの愛情を表現し、ペットロスと向き合う上での心の準備ができます。

持ち込み火葬を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。まず、適切な火葬施設を選ぶことが重要です。施設は、ペットの種類やサイズに対応している必要があり、また、飼い主の立ち会いを許可しているかどうかも確認する必要があります。次に、火葬の種類を選ぶ必要があります。個別火葬では、他のペットとは別に火葬され、骨を受け取ることができます。一方、合同火葬では、複数のペットが一緒に火葬され、骨は返還されません。

火葬の準備には、遺体の適切な取り扱いと輸送が含まれます。ペットが亡くなった後、適切な温度で遺体を保管し、火葬までの間、適切に扱うことが重要です。また、火葬施設への搬入方法も計画する必要があります。多くの施設では、飼い主がペットを直接持ち込むことを許可していますが、一部の施設では、特定の輸送方法や容器を要求する場合があります。

火葬後の手続きも考慮する必要があります。これには、骨壺の選択や、必要に応じて分骨や散骨の手配が含まれます。また、多くの飼い主は、ペットの記念品やメモリアルグッズを選ぶことで、ペットとの思い出を大切にします。

 

ペット火葬の基本

火葬の種類(個別、合同、直接火葬など)

ペット火葬には、主に三つの種類があります。それぞれの種類は、ペットと飼い主のニーズに合わせて異なる特徴を持っています。これらの火葬方法を理解することは、ペットの最後の旅路をどのように送るかを決定する上で非常に重要です。

まず、個別火葬についてです。この方法では、ペットは他の動物とは別に火葬されます。個別火葬の最大の特徴は、ペットの遺骨を飼い主が受け取ることができる点にあります。これにより、飼い主はペットの遺骨を自宅に持ち帰り、記念品として保管することが可能です。また、個別火葬では、飼い主が火葬のプロセスに立ち会うことも選択できます。これは、ペットへの最後のお別れを個人的かつ尊重深く行う機会を提供します。

次に、合同火葬についてです。合同火葬では、複数のペットが一緒に火葬されます。この方法の主な特徴は、個別火葬に比べてコストが低いことです。しかし、合同火葬の場合、ペットの遺骨は飼い主に返還されません。そのため、ペットの遺骨を個別に保管したい飼い主には不向きな選択肢となります。合同火葬は、遺骨の保管にこだわりがない場合や、経済的な理由から選ばれることが多いです。

直接火葬は、ペットの遺体を直接火葬施設に持ち込む方法です。この方法では、飼い主がペットの遺体を自ら火葬施設に搬入し、火葬のプロセスに立ち会うことができます。直接火葬は、ペットとの最後の時間を個人的に過ごしたい、または火葬のプロセスに立ち会いたいと考える飼い主に適しています。この方法は、ペットへの深い愛情と敬意を表す機会を提供し、ペットロスとの向き合い方を見つける手助けとなります。

 

ペット火葬の一般的な流れ

ペット火葬の一般的な流れは、ペットの死から火葬までの一連のプロセスを含みます。このプロセスは、ペットとの最後のお別れを深く深く行うための重要なステップです。ペットの火葬は、飼い主にとって感情的に困難な時期であるため、この流れを理解しておくことが、心の準備に役立ちます。

ペットが亡くなったとき、最初に行うべきことは、ペットの遺体を適切に扱うことです。ペットの遺体は、火葬までの間、適切な温度で保管される必要があります。これは、遺体の劣化を防ぎ、衛生的な状態を保つためです。多くの場合、ペットの遺体は、特別に設計された袋や容器に入れられ、冷蔵されます。

次に、火葬の種類を選び、火葬施設を予約します。火葬の種類には、個別火葬、合同火葬、直接火葬などがあり、それぞれに特徴があります。火葬施設の選択は、ペットの種類やサイズ、飼い主の感情的なニーズ、経済的な状況に基づいて行われます。予約が完了すると、火葬の日時と場所が決定されます。

火葬当日、ペットの遺体は火葬施設に搬入されます。飼い主が直接火葬施設にペットを持ち込む場合もあれば、火葬サービス業者が遺体を収集し、搬入する場合もあります。火葬施設に到着後、ペットの遺体は火葬炉に移され、火葬が行われます。この際、飼い主が立ち会うことを選択できる場合もあります。

火葬が終了すると、遺骨は飼い主に返還されます。個別火葬の場合、ペットの遺骨は特別な骨壺や記念品に入れられて飼い主に渡されます。合同火葬の場合、遺骨は返還されません。火葬後、飼い主はペットの遺骨を自宅に持ち帰るか、特定の場所に散骨することを選択できます。

 

火葬における法的な側面と動物愛護の観点

ペットの火葬における法的な側面と動物愛護の観点は、ペットオーナーが理解しておくべき重要な要素です。これらの側面は、ペットの適切な処理と尊厳の保持に関わるため、特に注意を払う必要があります。

法的な側面に関しては、ペットの火葬に関する法律や規制が国や地域によって異なります。一般的に、ペットの遺体は適切に処理する必要があり、その方法は法律で定められていることが多いです。例えば、一部の地域では、ペットの遺体を自宅の庭に埋葬することが法律で禁止されている場合があります。また、火葬施設の運営に関しても、特定の基準や規制が設けられていることが一般的です。これには、環境保護の観点からの排出基準や、衛生的な運営基準などが含まれます。ペットオーナーは、自身の居住地の法律や規制を理解し、適切な火葬方法を選択する必要があります。

動物愛護の観点からは、ペットの遺体を尊重し、適切に扱うことが重要です。ペットは生前、家族の一員として愛されていたため、その死後も尊厳を保つべきです。火葬は、ペットの遺体を衛生的かつ尊重深く処理する方法の一つです。ペットの遺体を適切に扱うことは、ペットオーナーの責任であり、動物愛護の精神にも合致します。また、ペットの火葬を行う際には、ペットの種類やサイズに応じた適切な方法を選択することが求められます。例えば、小動物の火葬には、大型動物の火葬とは異なるアプローチが必要です。

ペットオーナーは、ペットの火葬に関する法的な側面と動物愛護の観点を理解し、適切な火葬サービスを選択することが求められます。これには、信頼できる火葬サービス業者の選定や、火葬の種類、プロセスに関する十分な情報の収集が含まれます。ペットの火葬は、ペットへの最後の敬意を表す行為であり、ペットオーナーにとって感情的なプロセスです。そのため、法的な要件を遵守し、動物愛護の精神に則った選択をすることが、ペットへの愛情と尊重を示すことにつながります。

 

持ち込み火葬のメリット

個別のセレモニーの重要性

ペットとの別れは、多くの飼い主にとって深い悲しみを伴う経験です。この悲しみを適切に処理し、ペットへの愛と感謝を表現するために、個別のセレモニーが非常に重要な役割を果たします。個別のセレモニーは、ペットとの最後の時間を尊重し、飼い主自身の感情的なニーズに応える機会を提供します。

個別のセレモニーは、ペットとの個人的な関係を反映し、その生涯を祝福する方法です。ペットは多くの家庭で家族の一員と見なされており、その死は家族の喪失と同じくらいの影響を与えます。セレモニーを通じて、飼い主はペットへの感謝の気持ちを表現し、共に過ごした時間を振り返ることができます。これは、ペットロスの悲しみを和らげ、喪失感に対処する手助けとなります。

また、個別のセレモニーは、ペットへの最後の敬意を表す方法としても重要です。ペットの火葬や埋葬の際に、飼い主が直接関与することで、ペットへの愛情と尊重を示すことができます。セレモニーは、ペットの遺体を丁寧に扱い、適切に送り出すためのプロセスとなります。これにより、ペットの死を受け入れ、心の平和を得るための一歩となります。

個別のセレモニーは、家族や友人が集まり、ペットの思い出を共有する場としても機能します。ペットの思い出話や写真の共有は、ペットとの絆を称え、その生涯を祝福する機会を提供します。このような共有は、ペットロスを経験している他の家族メンバーや友人との絆を強化し、互いの悲しみを理解し合う手助けとなります。

さらに、個別のセレモニーは、ペットの死を子供たちに理解させる教育的な機会としても利用できます。子供たちにとって、ペットの死は人生で初めて直面する死の経験となることが多いです。セレモニーを通じて、子供たちは死という現実を学び、感情を表現する方法を理解することができます。

 

愛情とペットロスへの対処

ペットを失うことは、深い悲しみと喪失感を伴います。ペットロスは、家族の一員を失ったという感覚に似ており、多くの人にとって心理的な影響が大きいです。愛情深くペットとの関係を築いた人ほど、その喪失はより深刻なものとなります。ペットロスへの対処は、個人によって異なりますが、いくつかの一般的なアプローチがあります。

まず、ペットの死を受け入れることが重要です。受け入れは、喪失の現実を理解し、それに対処するプロセスの始まりです。この段階では、悲しみや怒り、否認など、さまざまな感情が生じることがあります。これらの感情は自然な反応であり、個々のペースで感情を処理することが重要です。

次に、ペットとの思い出を振り返り、感謝の気持ちを表現することが助けとなります。ペットと過ごした時間を思い出し、共有した経験に感謝することで、喪失感を和らげることができます。写真やビデオを見返したり、ペットの思い出話を家族や友人と共有することも有効です。

また、感情を表現することも重要です。感情を抑え込むのではなく、泣いたり話したりすることで、内面の感情を解放することができます。信頼できる家族や友人、ペットロスに理解のあるサポートグループとのコミュニケーションは、感情を共有し、癒しを得るための良い方法です。

ペットロスを経験している間、自己ケアを忘れないことも大切です。適切な休息、栄養、運動を心がけることで、身体的および精神的な健康を維持することができます。また、趣味やリラクゼーション活動に時間を割くことで、心の平穏を取り戻す手助けとなります。

新しいペットを迎えることも一つの選択肢ですが、これは個人の準備が整った時にのみ行うべきです。新しいペットは、失ったペットの代わりにはなりませんが、新たな愛情と絆を築く機会を提供します。

 

安心と信頼をもたらすプロセス

ペットの火葬プロセスは、ペットオーナーにとって非常に感情的な体験です。このプロセスを通じて安心と信頼を得るためには、いくつかの重要なステップがあります。これらのステップは、ペットオーナーがペットの最後の旅路を心穏やかに送るために役立ちます。

まず、信頼できる火葬サービスを選ぶことが重要です。適切なサービス提供者を選ぶためには、事前にリサーチを行い、口コミや評価を確認することが有効です。信頼できるサービス提供者は、透明性を持って情報を提供し、ペットオーナーの質問に対して親切かつ丁寧に答えることが期待されます。

次に、火葬の種類とプロセスについて明確な理解を持つことが大切です。個別火葬、合同火葬、直接火葬など、選択肢を理解し、自分のニーズに最も適した方法を選ぶことが重要です。火葬サービス提供者は、各プロセスの詳細を説明し、ペットオーナーが納得のいく選択ができるようサポートすべきです。

また、ペットの遺体の取り扱いについて、適切な指示を受けることも安心につながります。ペットが亡くなった後の遺体の保管方法や、火葬施設への搬送方法について、明確なガイドラインが提供されるべきです。これにより、ペットオーナーはペットを尊重し、適切に扱っているという安心感を得ることができます。

火葬後の遺骨の取り扱いについても、事前に情報を得ておくことが重要です。遺骨をどのように保管するか、または散骨など他の方法を選択するかについて、事前に考え、必要な手続きを理解しておくことが求められます。

ペットロスとの向き合い方についてサポートを受けることも、安心感を高める要素です。多くの火葬サービス提供者は、ペットロスに関する情報やサポートグループへの紹介を提供しています。ペットの死を乗り越えるための情報やサポートを受けることで、ペットオーナーは感情的な癒しのプロセスを進めることができます。

これらのステップを踏むことで、ペットの火葬プロセスはペットオーナーにとって安心と信頼をもたらすものとなります。ペットへの最後の敬意を表し、心の平穏を得るために、これらのステップを慎重に進めることが重要です。

 

持ち込み火葬の準備と手順

持ち込み前の準備:必要な書類、遺体の安置と搬入方法

ペットの持ち込み火葬を行う際の準備は、ペットオーナーにとって重要なプロセスです。この準備には、必要な書類の準備、遺体の安置、そして搬入方法の計画が含まれます。これらのステップを適切に行うことで、ペットの火葬がスムーズに進行し、ペットへの敬意を保つことができます。

まず、必要な書類についてです。火葬を行うためには、通常、ペットの健康証明書やワクチン接種記録などが必要になることがあります。これらの書類は、ペットが感染症などのリスクを持っていないことを証明するために用いられます。また、一部の火葬施設では、火葬サービスの申し込み書や同意書の提出が求められることもあります。これらの書類は、火葬のプロセスや条件についての合意を形成するために重要です。

次に、遺体の安置についてです。ペットが亡くなった後、火葬までの間、遺体は適切に保管される必要があります。これは、遺体の劣化を防ぎ、衛生的な状態を維持するためです。一般的には、遺体は冷蔵され、特別に設計された袋や容器に入れられます。この過程は、ペットの尊厳を保ちながら、衛生的な条件を維持するために重要です。

搬入方法の計画についてです。ペットの遺体を火葬施設に搬入するためには、適切な輸送手段を用意する必要があります。これには、遺体を安全かつ衛生的に運ぶための適切な容器や車両が必要です。また、火葬施設によっては、特定の搬入方法や時間帯を指定している場合があります。事前に火葬施設と連絡を取り、搬入方法についての指示を受けることが重要です。

 

施設へのアクセスと時間管理

ペットの火葬を行う際、施設へのアクセスと時間管理は、スムーズなプロセスを確保する上で非常に重要です。適切な計画と準備を行うことで、ペットオーナーはこの困難な時期を少しでも心穏やかに過ごすことができます。

施設へのアクセスに関しては、まず火葬施設の場所を事前に確認し、行き方を把握しておくことが重要です。多くの火葬施設は、ウェブサイトや案内資料で詳細なアクセス情報を提供しています。また、公共交通機関を利用する場合や、自動車でのアクセスの場合には、所要時間や交通状況を考慮する必要があります。特に、都市部や交通が混雑する地域では、余裕を持ったスケジュールを立てることが望ましいです。

時間管理については、火葬施設との予約時間を厳守することが大切です。火葬施設では、一日に複数の火葬を行うことが一般的であり、予約時間の遵守がスムーズな運営に影響を与えます。遅れることが予想される場合は、できるだけ早めに施設に連絡を入れることが望ましいです。また、火葬のプロセスには一定の時間がかかるため、火葬後の予定も考慮に入れておくことが重要です。

火葬当日は、特に感情的なストレスが高まる可能性があるため、余裕を持ったスケジュールを立てることをお勧めします。急いでいると感じると、ストレスが増し、ペットへの最後のお別れの時間を心穏やかに過ごすことが難しくなります。可能であれば、家族や友人に同伴してもらい、サポートを受けることも一つの方法です。

 

火葬当日の流れと立会いの選択

ペットの火葬当日は、ペットオーナーにとって感情的にも非常に重要な日です。この日の流れと立会いの選択について理解しておくことは、ペットへの最後の敬意を表す上で重要な要素となります。

火葬当日の流れは、通常、ペットの遺体を火葬施設に搬入することから始まります。事前に決められた時間に施設に到着した後、スタッフが遺体を受け取り、火葬の準備を行います。この時、ペットオーナーは必要な書類を提出し、火葬に関する最終的な確認を行うことが一般的です。

火葬が始まる前に、ペットオーナーは立会いの選択を行います。立会い火葬では、ペットオーナーが火葬のプロセスに立ち会うことができます。これには、遺体を火葬炉に入れる瞬間に立ち会うことや、火葬中に施設内で待機することが含まれる場合があります。立会いは、ペットへの最後のお別れを個人的に行う機会を提供し、ペットオーナーにとって心の平穏を得る手助けとなります。

火葬プロセス中、ペットオーナーは施設の待合室で待機することが多いです。この時間を利用して、ペットとの思い出を振り返ったり、感情を整理することができます。火葬が終了すると、スタッフが遺骨を骨壺に入れてペットオーナーに手渡します。この時、遺骨を持ち帰るか、施設での散骨や他の方法を選択するかを決めることができます。

火葬当日は、ペットオーナーにとって非常に感情的な日であるため、心の準備をしておくことが重要です。また、施設のスタッフは、ペットオーナーがこの困難な時期を乗り越えるためのサポートを提供することが期待されます。立会いの選択は、ペットオーナーの感情的なニーズに基づいて行うべきであり、無理をしないことが大切です。

 

料金とサービスの選び方

料金体系の理解と比較

ペットの火葬に関する料金体系を理解し、適切に比較することは、ペットオーナーにとって重要なプロセスです。料金体系は、火葬サービスの種類、ペットのサイズ、提供される追加サービスによって異なります。適切なサービスを選択するためには、これらの要素を理解し、比較検討する必要があります。

火葬サービスの種類による料金の違いは、主に個別火葬と合同火葬で顕著です。個別火葬は、ペット一匹ごとに個別の火葬を行い、遺骨を返還するサービスです。このため、合同火葬に比べて料金が高くなる傾向があります。合同火葬は、複数のペットを一緒に火葬し、遺骨の返還がないため、一般的にはより経済的な選択肢となります。

ペットのサイズによっても料金は異なります。一般的に、大型犬のような大きなペットは、小型犬や猫などの小さなペットよりも高い料金が設定されていることが多いです。これは、大きなペットの火葬にはより多くの時間とリソースが必要となるためです。

追加サービスに関しても、料金に影響を与える要因となります。例えば、特別な骨壺やメモリアルグッズ、火葬後の散骨サービスなどの追加オプションを選択すると、基本的な火葬料金に加えて追加料金が発生します。これらのサービスは、ペットへの敬意を表すための個人的な選択であり、ペットオーナーの感情的なニーズに応じて選ばれることが多いです。

料金体系を比較する際には、複数の火葬サービス提供者から見積もりを取り、それぞれのサービス内容と料金を比較検討することが重要です。また、隠れた費用がないか、キャンセルポリシーはどのようになっているかなど、細かい条件も確認することが望ましいです。

 

業者の選び方とサービス内容

ペット火葬業者の選び方とサービス内容についての理解は、ペットオーナーにとって重要です。適切な業者を選ぶことで、ペットへの最後の敬意を適切に表し、心の平穏を保つことができます。

業者選びの際には、まずその評判と経験を確認することが重要です。インターネット上のレビューや口コミ、地域コミュニティでの評価を参考にすると良いでしょう。信頼できる業者は、透明性を持ってサービス内容を説明し、ペットオーナーの質問に対して親切かつ丁寧に答えることが期待されます。

次に、提供されるサービスの種類と内容を確認します。業者によっては、個別火葬、合同火葬、直接火葬など、さまざまな火葬オプションを提供しています。また、追加サービスとして、特別な骨壺やメモリアルグッズ、火葬後の散骨サービスなどが提供されることもあります。これらのサービスは、ペットオーナーの感情的なニーズに応じて選ばれることが多いです。

料金体系も重要な選択基準です。透明性のある料金体系を持つ業者を選び、隠れた費用がないかを確認することが望ましいです。また、キャンセルポリシーなどの細かい条件も事前に確認しておくことが重要です。

業者の立地やアクセスのしやすさも考慮するべき点です。火葬施設までの距離やアクセス方法は、火葬当日のストレスに影響を与える可能性があります。可能であれば、事前に施設を訪れて、スタッフとの対話や施設の雰囲気を確認することも有効です。

 

まとめ

ペット火葬は、単なる物理的なプロセスを超えた、深い精神的な意義を持つ行為です。愛するペットとの別れは、多くのペットオーナーにとって、家族の一員を失うことに等しい深い悲しみを伴います。しかし、この悲しみの中には、ペットへの無限の愛と感謝、そして共に過ごした時間の尊さが込められています。

ペット火葬のプロセスは、ペットオーナーにとって、愛するペットへの最後のお別れの場となります。これは、ペットとの絆を尊重し、その生涯を祝福する機会を提供します。火葬を通じて、ペットオーナーはペットへの感謝の気持ちを表現し、ペットとの思い出を心に刻むことができます。また、ペットの死を受け入れ、喪失感に対処する過程でもあります。

火葬の種類、準備、施設へのアクセス、サービス内容、そしてカスタマイズされたセレモニーの選択は、すべてこの精神的な旅路の一部です。個別火葬、合同火葬、直接火葬など、各オプションはペットオーナーのニーズや感情に応じて選ばれます。また、分骨、骨壺、メモリアルグッズ、散骨、メモリアルサービスなどの選択は、ペットへの敬意を表し、ペットとの思い出を形として残す方法です。

この記事を通じて、ペット火葬のプロセスとその精神的な意義について理解を深めることができました。ペット火葬は、ペットオーナーにとって感情的な旅路であり、ペットへの最後の敬意を表す重要なステップです。ペットとの別れは決して簡単なものではありませんが、適切な準備と理解をもって進めることで、愛するペットへの最後のお別れを心穏やかに行うことができます。
 

ペット火葬・ペット葬儀ならアーバンペット葬儀社

アーバンペット葬儀社は、ペットの火葬・葬儀サービスを24時間ご提供しています。小動物から大型犬まで、すべてのペットのご遺体をご自宅までお迎えに上がり、丁寧な対応で初めての方にもご安心してご利用いただけます。個別火葬返骨プラン、個別火葬ご家族拾骨プラン、個別火葬永代供養プラン、合同火葬永代供養プラン、海洋散骨プランなど、多様な葬儀プランをご用意しており、ペットとの最後のお別れを大切にサポートいたします。また、形見カプセルのご提供や、散骨サービスも行っており、愛するペットの思い出を形に残すお手伝いをしています。

アーバンペット葬儀社

会社名:アーバンペット葬儀社
所在地:東京都江戸川区中央3-23-10
電話:0120-420-160お問い合わせはこちら

よくある質問

Q. 亡くなったのですが、どうしたらいいの?
A. 犬や猫など小さな動物の死後硬直は思ってるよりも早く進んでしまいます。
気温等にも左右されますが、2時間程度で硬直を始めます。
手足から腹部・頭部といった順番で硬直していきますので、そのままにしてしまうと手足が突っ張った状態になってしまいますので (そのままだとお棺に入らない場合もあります) 
硬直が始まる前にまぶた・口を閉じ、手足を胸の方にやさしく折り曲げてあげます。
寝ている時のようなリラックスした姿勢にしてあげてください。
毛並みや尻尾を整え、お湯でぬらしたガーゼや布で全身をやさしく拭いてあげます。
口や肛門から体液や汚物が出てくることがありますので、ガーゼなどで拭き取ってください。
数日間ご自宅で安置する場合は保冷剤等で腐敗を遅らせることができます。
※詳しくは「亡くなってしまったら」をご覧ください

 

Q. 亡くなったペットの安置方法は?
A. ご自宅で数日安置される場合は、環境条件により安置可能な期間は異なります。
夏場は高温下では1日程度、冬場の低温下では3日程度となりますが空調やご遺体の温度(市販の保冷剤やドライアイス等を使用)を管理する事によりある程度は日数を調整できます。

~安置方法としては~

下に厚手のタオル(ビニールシートでもよい)とペットシートを敷き、ペットを寝かせます。
(体液等が出る場合があるので、ペットシートが無い場合はタオルを数枚多めに敷いてあげてください)
その後、ペットをタオルで覆い、タオルで覆ったドライアイス(または市販の保冷剤)を腹部・背部に添わせる様に置きます。
その上から厚手のバスタオル等で全体を包んであげてください。厚手のタオルで包む事により保冷効果を高めます。

※直接ドライアイスを置いてしまうと、ご遺体とドライアイスの間で冷やされた空気中の水分が氷となってしまい接着してしまう場合がありますのでご注意ください。

※夏場でも、エアコンでの室温調整が可能であれば、市販の保冷剤を併用する事で2~3日程度は保管できるかと思われます。

※詳しくは「亡くなってしまったら」をご覧ください

 

Q. いつ来てくれるの?
A. ご連絡を頂いた際に他の客様からのご予約が入っていなければ、当日中にお伺いする事が出来ます。
お伺いまでにお時間を頂く場合がございます。 (ご予約が入っている場合やお伺いする場所までの交通状況等)
ご予約が入っていた場合は翌日・翌々日のご予約となりますので、その間はご自宅で安置していただく事となります。

 

Q. 好きだった食べ物や玩具を一緒に火葬出来ますか?
A. 少量の食べ物やお花を一緒にお送りすることが出来ます。
おもちゃ等でプラスチック・ガラス・金属製品等はお入れすることは出来ません。
ご返骨の後、そばに置いてあげてください。

●一緒に火葬できるもの

・愛用していたタオルや洋服 (綿製のもの)
・好物 (ドックフードなど少量)
・玩具類 (プラスチック・ガラス・金属以外のもの)
・お手紙等 (紙製)
・お花 (生花)

●一緒に火葬できないもの

・プラスチック・ガラス・金属製品 (黒煙・変色・付着の原因になります)
・化学繊維などのタオル製品 (黒煙・ダイオキシンを発生させてしまいます)
・ボール (黒煙・付着・火葬中に破裂の恐れがあり危険です)
・ドライアイス等の保冷剤 (燃焼温度低下と黒煙が発生します)

 

会社概要

会社名・・・アーバンペット葬儀社
所在地・・・〒132-0021 東京都江戸川区中央3-23-10
電話番号・・・0120-420-160

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ .

アーバンペット葬儀社では東京都23区・町田市・千葉県全域・埼玉県南東部・神奈川県川崎市・横浜市でペットの火葬・葬儀を承っております。

. ご遺体は全てのプランで完全な個別火葬を致します。(立会も可能です) . 年中無休 am6:00~pm11:00 葬儀は24時間対応しております。 . 当日の葬儀・火葬も承ります。 .

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆