安心を約束するペット火葬から霊園までの全ガイド

2024/04/18 コラム

私たちの生活の中で、ペットは単なる動物ではなく、家族の一員として愛され、大切にされています。私たちに無償の愛を提供し、喜びや慰めを与えてくれる存在です。しかし、生きとし生けるものに終わりは避けられず、いつかは愛するペットとの別れの時が訪れます。その別れがどれほど心を痛めるものであっても、私たちはペットが安らかに旅立つことを願い、その魂を敬う方法を考えます。

ペット火葬や霊園は、そんな時に選択する一つの方法です。これらのサービスを利用することで、ペットとの永遠の絆を形として残し、心の中でいつまでも彼らを偲ぶことができます。ペットと共に過ごした時間の価値、そして最後のお別れをどのように大切にするかについて考えていきます。ペット火葬や霊園を通じて、失われた命を悼み、愛するペットへの感謝を表現する方法について探求していきましょう。

ペット火葬・ペット葬儀ならアーバンペット葬儀社

アーバンペット葬儀社は、ペットの火葬・葬儀サービスを24時間ご提供しています。小動物から大型犬まで、すべてのペットのご遺体をご自宅までお迎えに上がり、丁寧な対応で初めての方にもご安心してご利用いただけます。個別火葬返骨プラン、個別火葬ご家族拾骨プラン、個別火葬永代供養プラン、合同火葬永代供養プラン、海洋散骨プランなど、多様な葬儀プランをご用意しており、ペットとの最後のお別れを大切にサポートいたします。また、形見カプセルのご提供や、散骨サービスも行っており、愛するペットの思い出を形に残すお手伝いをしています。

アーバンペット葬儀社

会社名:アーバンペット葬儀社
所在地:東京都江戸川区中央3-23-10
電話:0120-420-160お問い合わせはこちら

 

はじめに

ペットと過ごした時間の大切さと、永遠のお別れの時の心情について触れる

私たちが愛するペットと過ごす時間は、計り知れないほどの価値があります。彼らはただそこにいるだけで、私たちの日常に色を加え、心に温かい光を灯します。犬が嬉しそうに尾を振る姿、猫がゆったりと寛ぐ様子、うさぎがこちらを見上げる純粋な瞳。これらはすべて、日々の生活の中で私たちに喜びと安らぎをもたらしてくれます。彼らは言葉を話さないかもしれませんが、その行動や表情を通じて、愛情や感謝の気持ちを伝えてくれます。そして、私たちもまた、彼らへの深い愛情を持って接します。食事の用意、散歩、健康管理など、日々の世話を通じて、彼らとの絆はさらに強まっていきます。

しかし、いくら願っても、一緒にいられる時間には限りがあります。愛するペットとの永遠のお別れの時は、いつか必ずやってきます。その時、私たちは深い悲しみに包まれます。何年も一緒に過ごしたペットを失うことは、家族の一員を失うことに等しく、その喪失感は言葉にできないほど深いものです。ペットとの別れは、ただ寂しいだけでなく、彼らと共有した日々の思い出が蘇り、その存在がいかに大きかったかを改めて感じさせます。

このような時、私たちはペットとの関係をどのように形として残すか、どうやって心の中で彼らを偲び続けるかを考え始めます。火葬や霊園は、ペットへの最後の敬意を表す方法の一つです。それは、彼らがこの世を去った後も、私たちの心の中で生き続けるための手段です。愛するペットを心を込めて送り出すことで、私たちはその悲しみを乗り越え、いつか来る癒しに向かう第一歩を踏み出します。

この過程では、多くの感情が渦巻きます。失った悲しみ、共に過ごした時間の喜び、そして未来への希望。これらの感情は、ペットとの関係がいかに私たちの人生に深く根ざしていたかを物語っています。ペット火葬や霊園の選択は、その深い絆を称え、感謝の気持ちを形にする行為です。そして、この選択を通じて、私たちは愛するペットへの永遠の感謝を表現し、彼らの記憶を大切にし続けることができるのです。

ペット火葬と霊園を選ぶ意義について説明

ペット火葬や霊園を選択する意義は、単に愛するペットを物理的に送り出す行為を超えた、深い心のつながりと敬意を表すプロセスです。この選択には、私たちとペットとの関係を尊重し、その生涯を称え、感謝の気持ちを形にするという重要な目的があります。ペットと過ごした日々は、数多くの記憶と感情で満ちており、その最後の瞬間まで丁寧に扱うことは、ペットへの最大の敬意を示すことに他なりません。

ペット火葬を選ぶことは、ペットが亡くなった後の身体を尊重し、その魂を安らかに送り出すための方法です。火葬は、ペットの体を大切に扱い、家族がその遺骨を保管することを可能にします。これにより、ペットとの物理的なつながりを一定の形で保持することができ、ペットの記憶をいつまでも大切にし続けることが可能になります。また、火葬を通じて、ペットへの感謝と愛を再確認し、心の中で彼らを偲ぶ時間を持つことができます。

一方、霊園を選ぶことは、ペットとの絆を社会的なレベルで認め、その存在を公に称える行為です。霊園では、ペットのために碑を建てたり、定期的にお参りをしたりすることができます。これにより、ペットが家族の一員として私たちの生活にどれだけ深く関わっていたかを示すと同時に、ペットへの永遠の愛を表現する場を提供します。霊園はまた、同じような喪失を経験した他のペットの飼い主と共感し、支え合うコミュニティの場ともなりえます。

ペット火葬や霊園を選択することは、喪失の悲しみを乗り越え、ペットとの美しい思い出を心に刻む手段です。これらのサービスを通じて、ペットへの感謝と愛を具体的な形で表現することができ、ペットが亡くなった後も、私たちの生活の中で彼らの存在を大切にし続けることができます。このプロセスは、ペットとの関係を見直し、彼らが私たちに与えてくれた無条件の愛と喜びを永遠に記憶に留めるための重要な一歩となります。

ペット火葬とは

火葬のプロセスの概要

ペットの火葬プロセスは、愛する動物との最後の別れを尊重し、その遺体を敬意を持って扱うための手続きです。このプロセスは、ペットの種類やサイズ、飼い主の希望に応じて異なることがありますが、基本的な流れには共通点があります。ここでは、一般的なペット火葬のプロセスについて解説します。

最初に、ペットが亡くなった際には、火葬を行う施設へ連絡をします。多くの火葬サービスでは、ペットを自宅や獣医クリニックから火葬施設まで搬送するサービスを提供しています。飼い主が直接施設にペットを持ち込むこともできますが、事前に連絡し、手続きの詳細を確認することが重要です。

次に、火葬の種類を選択します。一般的には、個別火葬と集団火葬の二種類があります。個別火葬は、他のペットと一緒にではなく、ペット一匹だけで火葬を行う方法です。これにより、飼い主はペットの遺骨を回収することができます。一方、集団火葬は複数のペットを同時に火葬し、その遺骨は一般的に施設によって適切に処理されます。

火葬の前に、ペットの身体を尊重し、最後のお別れをする時間が設けられることがあります。飼い主や家族がペットと直接対面し、静かに時間を過ごすことができます。これは、飼い主がペットへの感謝と愛情を表現し、心の準備を整えるための重要な時間です。

火葬プロセス自体は、専用の火葬炉で行われます。ペットのサイズに応じて火葬の時間は異なりますが、通常は数時間かかります。火葬が終わると、遺骨は冷却され、必要に応じて骨を粉砕する処理が行われます。個別火葬の場合、遺骨は飼い主に返還されます。多くの場合、遺骨は適切な容器に入れられ、その容器は選択したり、提供されたりします。

火葬後は、遺骨をどのように扱うかを決定します。一部の飼い主は、遺骨を自宅に保管することを選びますが、他には霊園に納骨する、または特別な場所で散骨することを選択する人もいます。これは全て、ペットとの関係を称え、記憶を大切にするための個人的な選択です。

ペット火葬のプロセスを通じて、飼い主は愛するペットへの最後の敬意を表し、その魂を安らかに送り出すことができます。このプロセスは、ペットとの別れを受け入れ、その死を尊重するための重要なステップです。

犬、猫、うさぎなど、さまざまなペットに対応した火葬の種類と方法

犬、猫、うさぎを含むさまざまなペットに対して、火葬のプロセスは多岐にわたり、それぞれの種類やサイズ、飼い主の希望に応じて様々な方法が選択されます。これらの方法はペットの尊厳を守りつつ、家族が適切に悼むことができるように考慮されています。ペットの種類によって、火葬の過程で特に注意が払われる点もあり、それぞれのペットに適した火葬方法の選択が大切です。

犬や猫のように一般的なペットの場合、火葬のオプションには個別火葬が多く選ばれます。個別火葬では、ペット一匹ずつを個別の火葬炉で火葬し、遺骨を家族に返還することができます。これにより、家族は遺骨を記念品として保持するか、霊園に納骨するなど、さまざまな方法でペットを偲ぐことが可能になります。特に大きな犬種の場合、火葬時間が長くなることがあり、そのサイズに応じた火葬炉が必要となる場合があります。

一方、うさぎのような小動物の場合、火葬のプロセスは犬や猫とは異なる特別な配慮が必要となることがあります。小動物はそのサイズが小さいため、火葬時間は比較的短くなります。また、小動物専用の火葬炉を使用することで、より精密な火葬が可能になり、遺骨を取り扱う際の細心の注意を払うことができます。

集団火葬も一般的な選択肢の一つであり、これは複数のペットを一緒に火葬し、個別に遺骨を返還しない方法です。このオプションは、遺骨の返還を希望しない飼い主や、コストを抑えたい場合に適しています。集団火葬の場合、ペットの遺体は他のペットと共に尊重を持って火葬され、その遺骨は通常、火葬施設によって適切に処理されます。

ペットの種類やサイズ、家族の希望によって火葬の方法を選択する際には、それぞれのペットにとって最も適切で尊厳ある方法を選ぶことが重要です。火葬サービス提供者は、ペットと家族のニーズに合わせて柔軟に対応し、ペットが生前受けた愛と同じように、死後も尊重と愛情をもって扱われるよう努めています。ペット火葬の過程を通じて、飼い主は愛するペットへの感謝と敬意を表す機会を得ることができ、ペットとの絆を永遠に心に留めることができます。

安心できる葬儀サービスを選ぶポイント(信頼と実績、料金、アクセス、口コミ)

愛するペットの葬儀サービスを選ぶ際、心から安心できるサービスを見つけることは飼い主にとって非常に重要です。信頼と実績、料金、アクセス、口コミは、その選択をするうえで考慮すべき重要なポイントです。これらの要素は、ペットの葬儀サービスが飼い主と亡くなったペットに対して最大限の尊敬と配慮をもって行われるかどうかを判断するのに役立ちます。

信頼と実績は葬儀サービスを選択する際の基盤となります。長年にわたって質の高いサービスを提供してきた葬儀社は、その経験を通じてさまざまな状況に柔軟に対応する能力を持っています。また、専門的な知識と技術を持つスタッフがいるかどうかも、サービスの質に直結します。信頼できる葬儀社は、ペットと飼い主の両方に対して敬意を持って接し、この困難な時期を乗り越えるためのサポートを提供します。

料金の透明性もまた、重要な要素です。葬儀サービスのコストは、提供されるサービスの範囲や品質によって大きく異なります。安心できるサービスを選ぶためには、事前に詳細な見積もりを取り、隠れた費用がないか確認することが不可欠です。料金体系が明確で、追加料金なしで必要なサービスがすべて含まれているかどうかを確認することは、後になって不意の出費に悩まされることがないようにするために重要です。

アクセスの良さも見逃せません。葬儀サービスの場所が飼い主の自宅や獣医クリニックから近いほど、葬儀の準備やペットの搬送が容易になります。また、火葬施設や霊園が容易に訪れられる場所にあるかどうかも、お参りや後の訪問を考慮する上で重要なポイントです。

最後に、口コミや評判は実際にサービスを利用した他の飼い主の経験に基づいているため、サービスの質を判断する貴重な情報源となります。他の飼い主がどのような経験をしたか、サービスの質に満足しているかどうかは、その葬儀社が自身のペットに適しているかどうかを判断するのに役立ちます。

これらのポイントを総合的に考慮することで、ペットの最後を尊重し、飼い主自身が心の準備を整えることができる葬儀サービスを見つけることができます。安心できるサービスを選ぶことは、愛するペットとの別れを適切に処理し、美しい思い出を心に刻むための第一歩となります。

ペット霊園の選び方

霊園の種類(納骨堂、メモリアルパークなど)とその特徴

ペットの霊園は、愛する動物たちを偲び、彼らとの絆を永遠に保つための場所として多くの飼い主にとって特別な意味を持ちます。霊園にはさまざまな種類があり、それぞれに独自の特徴があります。納骨堂やメモリアルパークはその代表的な例ですが、これらの霊園はペットと飼い主のニーズに合わせて様々なサービスを提供しています。

納骨堂は、ペットの遺骨を安置するための施設です。多くの納骨堂では、個別の納骨スペースを提供しており、飼い主は愛するペットの遺骨を特別な場所に安置することができます。この種類の霊園は、ペットとの物理的な絆を保ちたいと願う飼い主に適しています。納骨堂内では、遺骨のほかにも、ペットの写真や思い出の品などを飾ることができ、訪れるたびにペットを偲ぶことができます。また、納骨堂は屋内に位置しているため、天候に関わらずいつでも訪れることが可能です。

一方、メモリアルパークは広大な敷地を持つ霊園で、ペットを自然に囲まれた環境で偲びたいと願う飼い主に最適です。このタイプの霊園では、散骨や埋葬のほかにも、記念樹の植樹など、さまざまな形でペットを偲ぶことができます。メモリアルパークは自然の美しさを生かした設計がなされており、訪れる人々に安らぎを提供します。公園内の散策路を歩きながら、ペットとの思い出を振り返ることができるのです。

納骨堂やメモリアルパークの選択に際しては、飼い主のライフスタイルやペットとの関係、そして霊園を訪れる頻度などを考慮することが大切です。納骨堂はペットとの絆を身近に感じたい方に、メモリアルパークはペットを自然の中で偲びたい方に適しています。どちらのタイプの霊園も、ペットとの別れを受け入れ、その記憶を大切にするための手助けをしてくれます。

最終的に、霊園を選ぶ際には、その場所が飼い主にとってペットを偲び、心から敬意を表すことができる場所であるかどうかが最も重要です。納骨堂もメモリアルパークも、ペットとの絆を永遠に保ち、愛するペットへの感謝を形にする場所として、大切な役割を果たしています。

供養とメモリアルのためのサービス(お参り、お葬式、メモリーグッズ)

ペットとの別れは、多くの飼い主にとって心の準備がなく突然訪れるものです。愛するペットを失った悲しみを癒やし、その魂を慰めるためには、供養やメモリアルのためのサービスが大きな支えとなります。これらのサービスは、ペットとの絆を大切に思う気持ちを形にし、永続的な記憶として心に刻む手助けをしてくれます。

お参りやお葬式は、ペットを偲び、家族や友人と共にその生涯を称えるための重要な儀式です。お葬式では、ペットの生涯を振り返り、共に過ごした時間への感謝を表現します。この儀式を通じて、飼い主とペットの間に築かれた深い絆を改めて感じることができ、ペットへの最後の別れを尊重する場となります。また、定期的に霊園や納骨堂を訪れてお参りすることで、ペットへの思いを新たにし、心の平穏を得ることができます。

メモリアルグッズは、ペットとの思い出を形に残すためのアイテムです。これには、写真を収めたフレームや、ペットの足跡を模したキーホルダー、ペットの遺毛や遺骨を納めることができるジュエリーなどがあります。これらのアイテムを身近に置くことで、ペットがいつもそばにいるような感覚を持ち、悲しみの中にも温かい安心感を見出すことができます。また、特別な記念日には、ペットのために花を飾ったり、好きだったおやつを供えたりすることも、美しいメモリアルの形となります。

供養やメモリアルのサービスは、ペットを失った後の悲しみに対処する上で、飼い主にとって非常に重要な役割を果たします。これらのサービスを通じて、ペットとの永遠の絆を称え、愛するペットへの感謝の気持ちを表現することができます。ペットと共に過ごした日々は消えることなく、心の中に生き続け、飼い主の人生に深い影響を与え続けます。供養やメモリアルは、そんなペットとの思い出を大切にし、彼らの存在を永遠に心に留めるための方法なのです。

施設へのアクセスと来園の流れ、予約方法

ペット霊園やメモリアル施設への訪問は、愛するペットを偲び、その魂に敬意を表する大切な時間です。施設へのアクセス、来園の流れ、予約方法についての理解は、訪問をスムーズにし、心穏やかな時間を過ごすために重要な要素となります。

まず、施設へのアクセスに関しては、多くの霊園やメモリアル施設がそのウェブサイト上で詳細な地図や交通の案内を提供しています。公共交通機関を利用する場合や、自動車でのアクセスの場合のそれぞれについて、最寄りの駅からの距離や所要時間、駐車場の有無といった情報が記載されています。訪問前にこれらの情報を確認し、時間に余裕を持って出発することが大切です。

来園の流れについては、施設によって異なる場合がありますが、一般的には入口または受付でのチェックインから始まります。受付では、訪問者の名前や訪れる目的、予約の有無などを伝え、案内を受けることになります。霊園内では、散骨エリア、納骨堂、記念碑エリアなど、訪れたい場所に応じてスタッフが案内してくれることもあります。また、特定の儀式や式典に参加する場合には、その時間や場所についても事前に確認しておくことが重要です。

予約方法は、特に個別の供養サービスやお葬式、メモリアルイベントに参加する場合には必須となることが多いです。霊園やメモリアル施設のウェブサイト上でオンライン予約が可能な場合もあれば、電話で直接予約する必要がある場合もあります。予約時には、訪問日時や参加者の人数、利用したいサービスの種類などを明確に伝えることが求められます。また、特別なリクエストがある場合には、この時点で相談しておくと良いでしょう。

施設を訪れる際には、ペットとの思い出話を共有したり、写真やメモリアルグッズを持参することも、より意義深い時間を過ごすために役立ちます。訪問の目的に合わせて、事前に必要な準備を整え、心に余裕を持って施設を訪れることが、ペットへの敬意を表し、その記憶を大切にする上での鍵となります。

供養と納骨の流れ

火葬後の供養方法と納骨の手順

ペットの火葬後の供養方法と納骨の手順は、愛するペットとの最後の別れを形式化し、その魂を尊重するための大切なプロセスです。この過程を通じて、ペットへの感謝と愛情を表現し、永続的な記憶として心に留めることができます。

火葬が完了した後、多くの場合、ペットの遺骨は専用の容器に収められて飼い主に返還されます。この瞬間から、ペットの供養と納骨のプロセスが始まります。供養の方法は様々で、ペットとの関係性や飼い主の信仰、文化的背景によって異なりますが、共通しているのは、ペットへの深い敬意と感謝の気持ちを表すことです。

供養の一環として、ペットの遺骨を家に安置する家族もいます。遺骨をリビングルームやペットが好きだった場所に置くことで、ペットが家族の一員として依然として存在していることを感じることができます。また、遺骨を納めた容器や遺骨そのものに対して、定期的にお線香をあげたり、花を供えたりすることも一般的です。

一方で、ペットの遺骨を霊園やメモリアルパークの納骨堂に納める選択をする飼い主も少なくありません。この場合、納骨の手順には、選んだ施設に事前に連絡を取り、納骨に関するルールや手続きを確認することから始まります。納骨を行う日には、施設が指定する場所に遺骨を持参し、施設のスタッフや場合によっては僧侶の指導のもとで納骨式が執り行われます。納骨式では、ペットへの祈りや感謝の言葉が述べられ、遺骨は最終的な resting place に安置されます。

納骨が完了した後も、飼い主はペットのために定期的にお参りを行うことができます。霊園やメモリアルパークには、四季折々の花やお供え物を持って訪れ、ペットとの思い出を偲び、心からの会話を楽しむことができる静かな場所が用意されています。

このように、火葬後の供養方法と納骨の手順は、ペットとの絆を形式的にも心理的にも尊重し継続するための重要なステップです。ペットが生前与えてくれた愛と喜びを心に刻み、その魂が安らかに眠れるよう、適切な供養を行うことが、私たちにできる最後のサービスとなります。

家族としての最後のお別れの時間の大切さ

ペットが家族の一員となって過ごす時間は、日常の中で数えきれないほどの喜びと癒しをもたらします。そのため、愛するペットとの最後のお別れの時間は、ただ単に生涯の終わりを告げる瞬間以上の意味を持ちます。この時間は、ペットへの深い愛と感謝の気持ちを表現し、共に過ごした日々を讃える貴重な機会となります。

家族としての最後のお別れの時間は、飼い主にとってもペットにとっても、精神的な平穏を得るための重要な過程です。この時間を通じて、ペットとの深い絆を確認し、互いの存在の大切さを再認識します。愛するペットが安心して旅立てるように、また、残された家族がその喪失を受け入れ始めることができるように、静かで穏やかな環境で行われることが望ましいです。

このお別れの時間は、ペットが感じている不安や恐れを和らげる役割も果たします。ペットは家族の愛情を感じ取ることができ、その愛情の中で安心して眠りにつくことができます。同時に、家族はペットへの最後のケアを行うことで、喪失の悲しみを乗り越えるための第一歩を踏み出すことができます。

また、家族としての最後のお別れの時間は、ペットと過ごした記憶を称え、その記憶を未来へと繋げる橋渡しの役割を担います。ペットへの話しかけや、一緒に過ごした思い出の品々をそばに置くことで、家族はペットとの美しい思い出を共有し、感謝の気持ちを形にすることができます。これは、ペットが家族にもたらした無条件の愛と喜びを讃える行為であり、ペットへの敬意を示す方法となります。

最後に、家族としてのお別れの時間を過ごすことは、ペットとの関係を健全な形で締めくくることを可能にします。この時間を通じて、ペットとの絆を心に刻み、ペットがこの世を去った後も、その絆が家族の心の中で生き続けることを確認することができます。愛するペットへの最後の別れは、悲しい瞬間であると同時に、ペットと共に過ごした時間全てに感謝する機会となり、ペットとの永遠の絆を称える時間となります。

まとめ

私たちが愛するペットと過ごした日々は、計り知れない価値を持ち、生涯を通じて私たちの心の中に深く刻まれます。ペットとの時間は、単なる過ぎ去りし日々ではなく、互いの存在を通じて学び、成長し、無条件の愛を交わしたかけがえのない瞬間です。そのため、ペットとの最後の別れを大切にすることは、ただ過去を悼むだけではなく、共に過ごした時間への最大の敬意と感謝を示す行為となります。

本記事で紹介した供養やメモリアルのためのさまざまなサービスは、愛するペットへの「ありがとう」を形にし、永遠に続く家族との絆を大切にするための一つの方法です。これらのサービスを通じて、ペットへの感謝の気持ちを具体的に表現し、ペットとの関係を心の中で永遠に保ち続けることができます。火葬後の供養方法、納骨の手順、最後のお別れの時間の過ごし方など、それぞれがペットとの絆を称え、その記憶を未来へと繋げる貴重なステップとなります。

このように、ペットとの別れは終わりではなく、新たな関係の始まりを意味します。愛したペットは物理的にはいなくなっても、その魂は私たちの心の中で生き続け、私たち自身の人生に影響を与え続けるでしょう。ペットとの美しい思い出は、時間が経っても色褪せることなく、私たちの日々を温かく照らし続けます。

愛するペットとの絆を大切にし、その記憶を永遠に心に留めることは、私たちがペットにできる最後のサービスです。この記事が、愛するペットへの感謝と敬意を表現するための参考になり、読者の皆様がペットとの絆を大切にするための支援となれば幸いです。ペットとの絆は、時間や空間を超えて、私たちの心の中で永遠に続きます。

ペット火葬・ペット葬儀ならアーバンペット葬儀社

アーバンペット葬儀社は、ペットの火葬・葬儀サービスを24時間ご提供しています。小動物から大型犬まで、すべてのペットのご遺体をご自宅までお迎えに上がり、丁寧な対応で初めての方にもご安心してご利用いただけます。個別火葬返骨プラン、個別火葬ご家族拾骨プラン、個別火葬永代供養プラン、合同火葬永代供養プラン、海洋散骨プランなど、多様な葬儀プランをご用意しており、ペットとの最後のお別れを大切にサポートいたします。また、形見カプセルのご提供や、散骨サービスも行っており、愛するペットの思い出を形に残すお手伝いをしています。

アーバンペット葬儀社

会社名:アーバンペット葬儀社
所在地:東京都江戸川区中央3-23-10
電話:0120-420-160お問い合わせはこちら

 

よくある質問

Q. 亡くなったのですが、どうしたらいいの?
A. 犬や猫など小さな動物の死後硬直は思ってるよりも早く進んでしまいます。
気温等にも左右されますが、2時間程度で硬直を始めます。
手足から腹部・頭部といった順番で硬直していきますので、そのままにしてしまうと手足が突っ張った状態になってしまいますので (そのままだとお棺に入らない場合もあります) 
硬直が始まる前にまぶた・口を閉じ、手足を胸の方にやさしく折り曲げてあげます。
寝ている時のようなリラックスした姿勢にしてあげてください。
毛並みや尻尾を整え、お湯でぬらしたガーゼや布で全身をやさしく拭いてあげます。
口や肛門から体液や汚物が出てくることがありますので、ガーゼなどで拭き取ってください。
数日間ご自宅で安置する場合は保冷剤等で腐敗を遅らせることができます。
※詳しくは「亡くなってしまったら」をご覧ください

 

Q. 亡くなったペットの安置方法は?
A. ご自宅で数日安置される場合は、環境条件により安置可能な期間は異なります。
夏場は高温下では1日程度、冬場の低温下では3日程度となりますが空調やご遺体の温度(市販の保冷剤やドライアイス等を使用)を管理する事によりある程度は日数を調整できます。

~安置方法としては~

下に厚手のタオル(ビニールシートでもよい)とペットシートを敷き、ペットを寝かせます。
(体液等が出る場合があるので、ペットシートが無い場合はタオルを数枚多めに敷いてあげてください)
その後、ペットをタオルで覆い、タオルで覆ったドライアイス(または市販の保冷剤)を腹部・背部に添わせる様に置きます。
その上から厚手のバスタオル等で全体を包んであげてください。厚手のタオルで包む事により保冷効果を高めます。

※直接ドライアイスを置いてしまうと、ご遺体とドライアイスの間で冷やされた空気中の水分が氷となってしまい接着してしまう場合がありますのでご注意ください。

※夏場でも、エアコンでの室温調整が可能であれば、市販の保冷剤を併用する事で2~3日程度は保管できるかと思われます。

※詳しくは「亡くなってしまったら」をご覧ください

 

Q. いつ来てくれるの?
A. ご連絡を頂いた際に他の客様からのご予約が入っていなければ、当日中にお伺いする事が出来ます。
お伺いまでにお時間を頂く場合がございます。 (ご予約が入っている場合やお伺いする場所までの交通状況等)
ご予約が入っていた場合は翌日・翌々日のご予約となりますので、その間はご自宅で安置していただく事となります。

 

Q. 好きだった食べ物や玩具を一緒に火葬出来ますか?
A. 少量の食べ物やお花を一緒にお送りすることが出来ます。
おもちゃ等でプラスチック・ガラス・金属製品等はお入れすることは出来ません。
ご返骨の後、そばに置いてあげてください。

●一緒に火葬できるもの

・愛用していたタオルや洋服 (綿製のもの)
・好物 (ドックフードなど少量)
・玩具類 (プラスチック・ガラス・金属以外のもの)
・お手紙等 (紙製)
・お花 (生花)

●一緒に火葬できないもの

・プラスチック・ガラス・金属製品 (黒煙・変色・付着の原因になります)
・化学繊維などのタオル製品 (黒煙・ダイオキシンを発生させてしまいます)
・ボール (黒煙・付着・火葬中に破裂の恐れがあり危険です)
・ドライアイス等の保冷剤 (燃焼温度低下と黒煙が発生します)

 

会社概要

会社名・・・アーバンペット葬儀社
所在地・・・〒132-0021 東京都江戸川区中央3-23-10
電話番号・・・0120-420-160

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ .

アーバンペット葬儀社では東京都23区・町田市・千葉県全域・埼玉県南東部・神奈川県川崎市・横浜市でペットの火葬・葬儀を承っております。

. ご遺体は全てのプランで完全な個別火葬を致します。(立会も可能です) . 年中無休 am6:00~pm11:00 葬儀は24時間対応しております。 . 当日の葬儀・火葬も承ります。 .

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆